素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第10回:〜 入園式を前に制服作り 〜

 ちょっと時期が過ぎてしまいましたが、実はこの春 我が家の娘が幼稚園に上がります!!
これは、パパソー親ばか日記の作者としても一大イベント

もちろん事前準備も万端で、入学式用のおめかし服を用意したり、その後の上履きやら袋物やら色々用意し終わって、
後は本番入学式のビデオ撮りだけだな〜、
今年は例年より桜が咲くのが少し遅れていたから『娘の入園式にさくらが満開だといいな〜』などとお気楽に思っていた私でした。。。


が!!、入園式の一週間前のある日、

急に妻から『 幼稚園の替えスカートってどうなっているの? 』と聞かれ、、、
自分の中では替えスカートなので、どうせ使うのは少したってからだと勝手に思っていたのですが、なんと、『入園式の日に幼稚園に持っていく』とのこと。

『 えぇ〜、聞いてないよ!
入園式の日から持っていくの???もっと早くから言ってくれ!』

...ということは、入学式まであと数日ですから、スカートを作るためには1回のパパソー打ち合わせで作らなくてはいけません。(パパソーの打ち合わせは週1ペース。)
今までは3回〜4回でひとつの物を完成させていましたから、これを1回で済ますのは私の実力からは結構大変なこと。

そこで、今回はちょっとでも簡単にそして早くスカートができる方法を考えてみました。

▽▼▽
今回のポイント(手抜きの方法)

制服として購入したスカートは、紺色でサスペンダーのついたプリーツスカートでしっかりとした生地のものでした。
しかし、替えスカートは紺色であればなんでも良いということ。
こりゃ、助かった

そこで今回は簡略形で次のように対処することに。

型紙を作らない。
››› 制服のスカートを参考に直接生地に印をして作る事にしました。
ディテールを凝らない、シンプルなデザイン。
››› サスペンダーをやめ、履きやすいようにウエストゴムに、そして、プリーツでなく、ギャザースカートにしました。
付属品を少なくする。
››› ファスナー、インベルを使わない。これで結構楽になりますヨ

 う〜ん、さすがに、ちょっとこれでは手抜きがバレるかな?
...と、少々娘を不憫に思い、ハンカチだけは入れられようにポケットは付けることにしました。

↑拡大する

生地選び

 制服といえば、やはり代表的なのがサージという生地ですが、
今回は、ギャザースカートなのでクリアな表面感と美しいドレープ性で
人気のあるギャバジンを使う事にしました。
:サージは制服によく使われる綾になった耐久性のある素材です。)
そして選んだのが、上級サンプルの中にある定番総合カタログの中から
品番1006-4のウールギャバジンの紺の生地を使う事にしました。


裁 断
 
参考にしたスカートの丈の長さが30cmだったので縫い代分を考え、148cm巾の生地を50cm用意しました。
そして、ウエストゴムのギャザースカートなので、裾巾の出来上がりをちょっと大きく50cmとして、両脇の縫い代分を2cmずつ付けて24cm幅に2枚を重ねて裁断しました。

 
その生地の上に見本のスカートを直接置いて印付け。

 ▼

ウエスト幅はゴムを入れ出来上がりで2cmの三つ折りにするので縫い代含めて6cmとりました。
裾はまつり縫いをするので縫い代を5cmとりました。
ウエストの出来上がりは50cmですが、元々はギャザー分を含めて82cm、半寸41cmに脇の縫い代を両側2cm付けました。


▽▼▽
縫 製

縫い方の手順はこんな感じでした。

1: 脇を縫う。 縫い代はジグザグミシンでかがり縫い。ポケットの下げ止まりまで縫います。
2: ポケットを付ける。
3: ウエストを縫う。今回使ったのは7mm幅の平ゴムなので2本使用しました。
4: 裾はまつり縫いをします。
5: ウェストにゴムを通しゴムを縫い合わせます。

 …と、以上のように完成予定でしたが、
今回は時間が足りず、結局は自宅へ持って帰って、
入園式の前日に作り上げることが出来ました。
自分の私物だから持ち帰りは当たり前か。。。
それにしても今回はちょっと時間がなくて焦りました。(^^;)

試 着





それにひきかえ、妻が作った手さげ袋や上履き入れは、毎日活躍していてちょっと嫉妬。
 そして、入園式当日の朝、出来上がったばかりのスカートを娘に履いてもらいました。
(う〜ん、「母さんが夜なべ〜をして」の世界です) 制服を着た娘を見ると、急に大人びて見えるのは、親だからでしょうかね?
ちょっとうれしい気持ちですね。皆さんもご記憶あるんじゃないですか?


 そして、家族揃って、待ちに待った入園式に行って来ました。
幼稚園が楽しかったのでしょうか、娘はなかなか帰ろうとはしません。
幼稚園に行きたくないと言われたらどうしょうか、少し心配していたのですが大丈夫のようでした。 それから、入園式から1か月たった今も娘は元気に通園していますが、、、

以降、私が作ったスカートは、>>> 一度も履かれていません。え゛ぇ〜! (>_<)

汚した時のスペア用のスカートなのでしょうがないのですが、ちょっと寂しい気持ちです。(T_T)

パパソーを通じて、親ばかと手作りのすばらしさを感じていただければと、
今まで作ってきましたが、母は強し、今回は妻に完敗でした。
しかし、パパソーはこれからもめげず頑張っていきますので温かい目で、見守って下さい。

最後に一言

 今回生地を選んだ定番総合カタログとは...
洋裁上級者の方にお送りしているサンプル帳で、ウール・合繊の無地物や
デニム・ニットなどのカジュアル素材から、
そして、フォマール用まで取り揃えた幅広く揃えた定番総合サンプルです。
また、洋裁小物はたいていこれで何でも揃います!

使い勝手も満点!
裏・芯地はもちろん針・糸〜ハサミ・万十まで。
他にはない小物類が1個から買えてとっても便利です。
うまく活用できれば付属屋さんへ行く手間が省けちゃう優れもののサンプル帳。



そして、今まさに私は仕入として、次回の総合カタログの商品を揃えている真最中です。

そこで、次回の予定からちょっとご紹介
大好評だったイタリアのロロピアーナ社の商品に加え、同じくイタリアから肌触りが良く上質な生地で、コストパフォーマンスに優れた『伊キャノニコ社のSUPER 110'S』の生地を予定しています。

そして新たに、この秋冬トレンドの大本命ベルベットを追加!
『ドレープ性に優れたドレッシーなソフトタイプとジャケットにおすすめのコットンタイプ』を新しく8月下旬にお届け予定です。

→ 上級者用サンプルが欲しい方はこちらまで
 >>> http://www.clothland.com/ordersample.html

それでは、次回もパパソーをお楽しみに。。。


Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.