素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第21回:〜 ナチュラルな優しい服 〜

 早い所では桜も咲き始め春の気配が濃くなって参りましたが、皆さまどのようにお過ごしですか?
そろそろ軽やかな服装で春を体感したいものですね。

さて、今回のパパソーですが、そんな春の日差しにピッタリな優しい服を作ることにしました。

そこで、いつものようにこどもブティックを参考に作るものを決めようと思い、最新の春号を見ると、今までと本のイメージが大きく変わっていました。
新しいこどもブティックは全体が“ナチュラルトーン”ですごく優しい感じでした。


拡大して見る


「こどもブティック2007年春号」

コットンや麻などの天然素材が多く使われ、春らしい洋服がたくさん掲載されていたので、どれを作ろうか悩んでしまう程でした。
どうせ作るなら、今年流行のトレンドアイテム“ロマンティックドレス”(ワンピース)にしようと探してみた所、とっても女の子ぽいく可愛いらしいワンピースが載っていました。
3種類のレースを使った表情豊かなデザインで、見た瞬間に気に入ったので、今回はそのワンピースを参考に“ナチュラルな優しい服”作ることにしました。
(画像の右上のワンピースです)

こどもブティックに興味のある方はこちら
>>> ブティック社さんまで

それでは、作るものも決まったので...
▽▼▽

■ ...次は、素材選び! ■
 
 そこで、種類豊富な最新の春夏物上級者用サンプルから今回使う生地を選ぶことにしました。
雑誌では3種類のレースを使っていましたが、今回は『レースジャカードボイル』と3種類の異なる素材を選びました。
もちろん、トレンドを意識した、軽やかでシアー(薄手の透ける生地)な素材ばかりです。
カラーもこの春夏人気のホワイト&エクリュー(生成)でナチュラル感を演出していきます。

拡大して見る
■ 春夏物上級者用サンプルご希望の方はこちらまでどうぞ♪
   >>> サンプル請求画面

■ 続いて、裁断! ■
 
 型紙はこどもブティックに載っていたものを活用して作りました。
出来上がった型紙をピンで生地に止め、そして縫い代を付けてハサミで生地を裁断します。
(縫い代は、肩と脇が1.5cmで、その他が1cmです。)

拡大して見る
【 今回用意した物 】
◯ 表地・裏地 10匁シルクボイル(品番:3102-1)150cm
◯ 表 地 (胸の部分)コットンレース(品番:3040-1)15cm
◯ 表 地 (スカート部分)シルク混ジャカード(3035-1)40cm
◯ ウエストの紐:グログランテープ(200cm)
◯ コピクイーン『方眼製図紙』(品番:S512-07)
◯ 方眼定規(品番:S510-01)
◯ 糸(品番:Y519-02)

■ そして、縫製 ■
 
 まず、前身頃を作ります。
始めにヨークと胸部分(レース)を縫い合わせます。(縫い代は片倒しにします)
そして、上記の前身頃と裏前身頃を縫い合わせます。

拡大して見る
前側のウエスト部分とスカート部分を縫い合わせます。
切り返しが多いので、縫う工程は結構あります。
胸から下は表布と裏布がつらないように、振らせ仕立てにしました。
そのため、スカート部分は中縫いをしませんでした。

拡大して見る
【 縫う工程はこんな感じです 】
◯ ヨークと胸部分を縫い合わせます。(縫い代は片倒しです)
◯ 前身頃と裏前身頃を縫い合わせます。
◯ 前側のウエスト部分とスカート部分を縫い合わせます。
◯ 前身頃と裏前身頃を胸下部分で縫い合わせます。(振らせ仕立て)
◯ 後ろ身頃と後ろスカート部分を縫い合わせます。
◯ 肩を縫います。
◯ 首回りを縫います。
◯ 脇を縫います。
◯ 袖を付けます。
◯ 裾の始末をします。
◯ ウエスト部分に紐通しを作ります。
◯ 最後に、ウエストにグログランテープを入れます。

・・・で完成のはずでしたが、最後にもう一手間加えました。

それは、可愛いリボンレースで縁取りを飾ることにしました。
このレース 上海で入手してきたんですよ〜。

えぇ〜、わざわざ???
そんな声も聞こえそうですが、実は、2月の連休を利用して当社では社員研修旅行として上海に行ってきたんです。
その時、町を散策していて、たまたま発見したレース屋さんで、今回のパパソーの企画で使えるのではないかと思いリボンレースを購入してきちゃいました!
上海のリボン屋さん、なかなか品揃え揃っているでしょ!
そして、上海から帰って早速レースを裾口に付けました。
細いので慎重に縫わないと・・・

最後は、袖口と首回りをレースで彩ります。
首回りのレースは長めにして、首元でリボン結びが出来るようにしました。


■ こうして、ついに完成 ■
 
今年らしいドレスの完成です。
ナチュラルで女の子ぽくとっても優しい感じ。


拡大して見る

■ 試 着 ■
 
 出来上がったドレスを持って帰り、早速娘に着てもらいました。
ロマンティックドレスに身を包み、白いレースのついたカチューシャを付けたので、何だか急に娘がお姉さんぽく見えました。
目の錯覚?いゃいゃ、きっと親のひいき目でだったのでしょうね。


とはいえ、自分的には今回のドレス大満足の出来映えとなりました。

拡大して見る

■ ちょっと一言・・・ ■
 
 文中でも触れましたが、先日社員旅行で行って来た上海について、ちょっとお話します。
本当はリボンレースただで頂いてきました。
上海を案内してくれた日本の方ですが、中国語で私の事をバイヤーだと言ったらお店の人がサンプルとして無料でくれたんです。
レースの値段を聞いたのですが、2mで日本円にすると5円ぐらいだったようです。(すごく安い!!
そのレース屋さんはこんな所にありました。(見るからに怪しい?
写真でもお分かりの通り古い建物と最新の建物が同居しているというのが上海の印象でした。

中国では来年北京オリンピック控え、その後上海万博もあるので凄いスピードで変化しているという感じでした。
上海はとってもエネルギッシュな街ですごく刺激的でした。

そうそう、一緒に写真を撮ってくれたガイドさん、無事帰省できたでしょうか?


なんでも春節で地元ハルピンへ帰るのに電車とバスを乗り継いで48時間(丸2日)以上かかるとのこと、中国の広さにも驚かされました。

是非また機会があれば上海に行ってみたいと思います。

今回はこれでお終いです。
それでは、また次回お楽しみに...。



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.