素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第22回:〜 日曜大工のような... 〜

 初夏だというのに真夏のような暑い日が続いていますが、皆さんどのようにお過ごしですか?
今の時期にこれだけ暑いと夏本番になったらどうなるのか、ちょっと心配ですよね。

さて、今回のパパソーですがちょっと志向を変えてベルトを作ることにしました。

それは、とっても可愛いベルトのバックルが手に入ったからです。
そのバックルはパパソーのトレードマーク、ハート型(=我が家ではハッピーハッピーのマークと呼んでいます)でした。

ハッピーハッピーのマークの由来についてはこちらをご覧下さい。

実はこのバックル前回のパパソーのドレスに使用したレースと一緒に、上海で見つけ購入してきました。

前回をご覧になっていない方はパパソー第21回ナチュラルな優しい服をご覧下さい。

このベルトのバックルが売っていたお店には、たくさんのサンプルもあってどうやら問屋のようでした。

そのお値段 >>> なんと1.5元!!日本円で24円でした。
レース同様その値段の安さにビックリです。


ところが...
あとで気が付いたのですが、何と!このバックル普通のベルトのバックルと向きが逆
普通はベルトを締めた時にベルトの先が左側にきますが、このバックルは向きが逆になるのです。
もしかして、不良品?それとも中国ってベルトの向き逆なの???
そういえば、スカートのファスナーも日本では左側ですが、中国では右側にある様です。
本当の所なんで逆だったのか真相は解らなかったのですが、左利きの人の中には締めやすいという理由で逆に締める人がいます。
また、スポーツ選手にも人体の血流を考えて『スパイラルテープや包帯』の様に身体に対して右巻きにする人がいる様です。
娘は左利きでもスポーツ選手でもないですが、変わっている所が逆に気に入りました。

ちょっと、話が横道にそれましたが...


▽▼▽

今回は素材選びからスタート!
 
 素材選びは丁度私自身が大阪店への出張するタイミングと重なったこともあり、大阪店のスタッフにも協力して貰いました。

そして今回新しく大阪の仕入れに加わった八幡さんがチェックスエードプリントの素材を使った3種類のデザイン画を描いてくれました。
(八幡さんはクロスランドにも初登場! 皆さん今後ともよろしくお願いします)


その中から今回製作するベルトの素材を決める事にしました。
そして、私が選んだのはやはりチェックの生地です。(理由は私がチェック好きですから (^^;)
また、スエードの生地もベルトの素材に向いているので、今回は頑張って2本製作することにしました。
チェックの生地は最新の夏物ホームソーイングの生地を参考に描きました。



拡大して見る

■ 夏物ホームソーイング用サンプルをご希望の方はこちらまで
   >>> サンプル請求画面

まずは、裁断
 
 チェックのベルトから作ります。
コットンのシャツ地のためチェックの生地は薄いので、強度を考えて二重にしました。
ベルト幅2.7cm×4倍の10.8cm幅で全幅裁断します。
続いて、裁断した生地全面に接着芯を貼りました。
そして、生地を2分の1に折り更に中表にして4分の1に折り、これで準備OK。

次は、縫製
 
 ベルトの先の部分を出来上がり線に沿って縫います。
続いて縫い代の始末をします。
表に返して、今度は周囲にステッチをかければ、縫製はこれだけでお終いです。
縫い方の行程は
イラストを参考にしてください。

拡大して見る

続いて、ホック付け
 
ベルトのバンド部分とバックルを留めるためにホックを付けます。
ホックは独プリム社の物を使用しました。

プリム社のホックには予め穴をあけたりホックを留めるための付属品が付いていたのでその道具を使って止め位置に先に穴をあけます。

そして、その穴にホックをセットして木槌で叩いて取り付けます。
これで、バンド部分とバックル部分が合体してベルトらしくなってきました。
拡大して見る

【 今回用意した物 】
◯ 表地:チェック(品番:3508-2)20cm
拡大して見る
◯ 表地:スエード10cm
◯ 方眼定規(品番:S510-01)
◯ 糸(品番:Y519-02)(品番:Y519-19)
○ ホック&鳩目:プルム社番外品

最後は鳩目付け
 
 今回のベルトは布地なので解れないように金属の鳩目を付けます。
(鳩目もプリム社製です)

拡大して見る
一般的なベルトのピン穴は5個で1つ1つの間隔が3cmぐらいです。
そして、真ん中の穴に合わせて留めた時がベルトのバランスが一番良いと言われているので、娘のサイズに合わせて鳩目の位置を決めました。

ホック同様始めに穴をかけ、鳩目をセットして木槌で叩いて付けます。

そして、ついに完成
 
どうですか? 皆さん、八幡さんのデザイン画とかなり近いものが出来たと思いませんか?

拡大して見る

続いて、同じ要領でスエードのベルトも作りました。
しかし、こちらはちょっとデザインをアレンジしました。
スエードの素材感を活かそうと鳩目をたくさん付けてハードなイメージに!
その数全部で24個

拡大して見る

娘にお披露目!
 
 ところがたまたまその日が娘の誕生日だった事もあり、作ったベルトには全く興味を示してくれませんでした。
娘はバースディケーキとプレゼントに目を奪われていたのです!ンンッ、残念

でもケーキとプレゼントにはかないませんよね。
それでも最後に何とか、ベルトを締めてくれて、良かった!良かった!


拡大して見る

ちょっと一言
 
今回のベルト作りは洋裁と言うよりも、鳩目を付けるのに木槌を振り回して、まるで日曜大工のような感じでちょっと疲れましたが、それでもモノ作りは楽しいものでした。
今度は、機会があったら工作好きな娘と共同で何か作りたいと思います。

それでは、今回のパパソーはこれでお終いですが、最後にちょっとお知らせ!!
当社では日頃の感謝の気持ちを込めて 半期に一度の大売り出しをいたします。

私も売り場に立っていますのでお近くの方は是非ご来店下さい。お待ちしております。

また、遠地の方にもご購入頂けるお楽しみ袋をご用意しました。

■ 詳細はこちらをご覧下さい。
  >>> http://www.clothland.com/sale/07/05/index.html

それでは、また次回お楽しみ...。



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.