素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第27回:〜 娘と一緒に... 〜
6月に入りそろそろ梅雨の時期になってきましたが、
皆さんいかがお過ごしですか?

さて、
パパソー最大のテーマであった娘の入学式の洋服も前回作り終え、今回から何を作っていこうか悩んでいました。
そこで、娘も小学生になったので、これを機に今回のパパソーから何回かは娘と一緒に作ることにしました。
それは、「娘にも作ることの楽しさを感じて欲しい」のと、「モノを大切にする気持ちを持って貰いたい」からです。


ということで・・・
▽▼▽

■ 今回は何を作ろうか!? ■

娘も参加するのであまり難しいモノは作れない。
そこで、何か簡単に出来る小物なんて、はじめての洋裁には良いのではないかと思い洋裁雑誌を物色することにしました。
そして、見つけたのがブティック社の「コットンフレンド」という雑誌で、可愛いバッグや小物入れ、それに簡単に出来そうな洋服の作り方が載っていました。
その本では、名前からもわかるようにコットンを中心にナチュラルテイストな雰囲気で、見てるだけでも、優しさが伝わってきます。
また、手作りの楽しさも感じさせてくれる本なので、自分でも何か作りたい気にさせてくれます。

そして、その本にはとっても可愛いエプロンが載っていました。
娘は台所のお手伝いが好きなので、きっと喜んで貰えると思い今回はエプロンを作ることにしました。

■ 早速生地選び! ■

そこで、夏物のサンプルの中から優しさが伝わってくるようなナチュラルテイストな生地を選ぶことにしました。
そして今回選んだ生地は麻100%のレースが施されている生地です。
色も麻らしい薄ベージュで、まさにナチュラルテイストといった感じです。

拡大して見る

■ 続いて型紙・裁断! ■
 
まず型紙作りですが嬉しいことに、その本には製図が掲載されていたので、その製図を参考に型紙を作りました。
パーツは全部で5つ(身頃、ポケット、見返し、肩紐、あて布)です。

拡大して見る

そして、出来上がった型紙を生地にピンで止め、次にハサミで裁断しました。

拡大して見る

■ いよいよ縫製のはずが...! ■
 
縫い方の工程は次の通りです。
あて布を付けます。
ポケットを付けます。
肩紐を作ります。
両端、裾を縫います。
見返しを付けます。
肩紐を付けます。
バイアステープを付けます。
そして、最後にボタンをつけて完成です。

プレーンなデザインなので、工程はこんな感じです。
娘に参加して貰うにしろちょっと物足りなかったので、少しアレンジを加えることにしました。
すでに生地は裁断されているので、変更にも制約がありますが、ベースは変えず違う生地を加えてティアードタイプのエプロンにすることにしました。

もちろん、共布で作れば間違いがないのですが、それでは「芸がない」と、ここはあえて違う生地を選びました。
それも、すべて柄物です。
感覚的に選んで、あとから組み合わせを考えました。


拡大して見る
   

生地を裁断したあとに組み合わせを考えたので、生地の変更が利きません。
クロスランドのスタッフがその裁断した生地を見て「閏間さん本当にこの組み合わせで作るのですか?」と質問してきました。
その訊きれ方は、まずい「良くないってこと?
とはいえ、後戻り出来ないので、今回は自分の感性を信じて進めることにしました。

■ 下ごしらえ! ■
 
☆ フリルを作ります ☆
フリルは一番上から幅が5.5cm、6.0cm、6.5cm、7.0cmで一番下が7.5cmです。
長さはギャザー倍率を2倍にしました。

裁ちっぱなしのフリルなので、すてミシンをかけます。


拡大して見る

次に、逆側はぐし縫いをします。
続いて、ギャザーを寄せます。


そして、あらかじめポケットには上から3つのフリルをポケットを付けるより先に付けます。
その時一番上のフリルだけ縫い代を隠すので、逆さまにして上向きに付けます。
二番目より下の縫い代は、上のフリルで隠れるので、表にして下向きに付けます。
その次はポケットを付ける位置にピンで止めます。


拡大して見る

下ごしらえが出来たので、自宅に持ち帰りました。
ところが...



■ いよいよ娘と一緒に ■
 
娘に見せた所、生地の色が娘の好きな色ではなかったので、怒ってしまいました。
それでも、何とかおだてて少しだけですが、娘もミシンをかけてくれました。
初めてにしては、怖がらずまっすぐ縫えていました。
ところがこの日は娘の誕生会を予定していたので、その後はケーキ作りに夢中でエプロン作りには興味をしめしてくれませんでした。

休み明けから出張なので、朝も早く娘と一緒に作る時間がなかったので、家族が寝静まった後に一人でエプロンを仕上げることにしました。

最後はパイピングをして完成です。


拡大して見る

■ そして、枕元の上に! ■

出来上がったエプロンを娘の枕元の上にかけてきました。

それが、良かったのかエプロンを気に入ってくれて、娘の方からエプロンをしてみたいと言いだしてきたようです。

そして、その姿を妻が写真に撮って送ってきてくれました。


拡大して見る

拡大して見る

拡大して見る

娘の写真を見てこのエプロン
可愛いく出来ていると思うのは私だけでしょうか?
それとも、皆さんもそう思って頂けますか?

■ ちょっと一言 ■

さて、今回は娘の好きな生地を使ってあげられなかったので、ちょっとガッカリさせてしまいましたが、それでも最後は気に入ってくれ何とかハッピーエンドで終える事が出来ました。
次回は企画から娘と一緒に考えていきますので、次回もお楽しみに...

■ 最後のおまけ ■

今回エプロンで使用した生地ですが、決算大売り出しでは通常価格20%〜70%割引価格で販売しますので、ぜひこの機会にお越しください。

皆さんのお越しお待ちしります。

決算大売出しの詳細はこちら

それでは、次回もお楽しみに...。
次回もお楽しみに...



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.