素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第30回:〜新たなる想い出を!「後編」 〜
冬の訪れを感じる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
師走はもうすぐそこ、これから何かと忙しい時期ですので、お身体にはお気をつけ下さい。

さて、今回のパパソーは、前回“新たなる想い出を!”と称したリメイク企画の後編をご紹介していきます。

毎年たまる一方だった娘の服を何とかならないか”と思い、リメイクにチャレンジしました。

前編をご覧になっていない方はこちらをご覧下さい。

前回は裁断までご紹介しましたので、今回はその続きから完成までをご案内していきます。


それでは、早速製作に...
▽▼▽

■ 縫 製 ■

☆ まずは、ベストから... ☆
もともと一枚仕立てを考えていたのですが、ニット地でTシャツには伸縮性があって良いのですが、ジャンパースカートということで、あまり伸びるとまずいと思い、今回は裏地を付けることにしました。
また、裏地の色は身頃にあわせるのではなく、脇の色にあわせてバイカラーを強調することにいました。

拡大して見る

○ 両脇を縫います。
○ 肩を縫います。
○ 同じように裏地も縫います。
○ 表地と裏地を中表にして、袖ぐりを縫います。
○ 次に、襟ぐりを縫います。
○ 裾は、裏地を巻き込んで3つ折りにして縫います。

続いて、フリルを作ります。
フリルは袖の部分で作ったので、必要幅をとるのに10枚になりました。
4本ロックで10枚のパーツを縫いあわせ輪にしました。

そして、上下にロックをかけ、2つ折りにして縫いました。


次に、粗ミシンをして、
出来上がりの大きさにギャザーを寄せました。
ギャザーを固定するために細かいステッチで4周も縫いました。

続いて、スナップ付け!
スナップの数は、なんと16個
ということは、凸凹ですので32個になります。
さらに、スカートにも付ける予定ですので、全部で48個も付けなくてはなりません。
特に手縫いが苦手な私にはちょっと恐怖
何時間かかるか、期日までに間に合うか心配だったので、今回はスタッフに協力して貰いました。
スタッフの皆さんありがとう!

拡大して見る

そして、出来上がったフリルを付け、ベストは完成です。
拡大して見る

☆ 次は、スカート ☆
スカートは、ウエストサイズを大きくするために、後ろにボックスプリーツを入れました。
内ひだには、デニム風ニットをあわせ統一感を持たせました。

拡大して見る

次に、ベルトを付けます。
ベルト部分は元々デニム風スカートの形状をそのまま使いました。

続いて、裏地付けです。
やはり、ベストと同じくバイカラー紺色の裏地にしました。

そして、最後は、の登場です。
今回のの担当は、鳩目付けです。
なんと、マイハンマーを取り出し、親の私の心配をよそに、すごく手際良く鳩目を付けてくれました。
とはいえ、の力ではゆるい所もあったので、「最後はパパが代わってあげるよ」と言い、私が仕上げとばかりに力強く叩いたところ、自分の手を叩いてしまいました。
そして、逆に娘に「パパダメね」とダメだしをされる始末。
最後の良いところを“真打ちのようにに持っていかれました。
残念負けた (-_-;) )
娘は先日、自分一人で椅子を作ったようで、ハンマーの使い方には自信があったようです。

敗北感を感じつつも、今開けた鳩目に紐を通して今年流行のフォークロア調スカートの出来上がりです。
拡大して見る

そして、ベストと合体してイメージ通りにジャンパースカートが完成、まずは一安心
拡大して見る

■ 試 着 ■

早速作ったばかりのスカートを、に試着して貰いました。

拡大して見る

拡大して見る
   
続いて、上下をつなげてジャンパースカート

拡大して見る
   
最後は、別々に着てもらいました。
3wayなので、ジャンパースカート、ベストスカートと3通りに着方が出来る優れモノです。


痛い思いをしましたが、も気に入ってくれ出来映えには大満足です。

拡大して見る

■ 最後に一言 ■

前編、後編と2回にわたってお付き合い頂き有難うございました。

さてさて、今回感じたことですが、まだまだ一人では何も出来ないだろうと思っていたのですが、私の予想以上にが成長していたことです。
こどもの成長は早いモノ、いつか本当にに越されてしまうのでしょうね?
でも、こどもの成長は親としては嬉しいです。

・・・とはいえ、まだまだ父親として頑張っていきますので、これからもご声援お願いします...。

今回は、これで終わりです。

次回もお楽しみに...。



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.