素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第33回:〜 気になる生地!? 〜
 秋風が快い季節となってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、秋冬シーズンも本番を迎え、お洒落がとっても楽しいこの時期、今回のパパソーでは私自身が“気になる生地”があるので、その生地を使って娘の洋服を作ることにしました。

ということで・・・


▽▼▽

■ 気になる生地のご紹介から! ■
その生地は、シャツ向きの秋冬物ホームソーイングの商品です。
黒を基調にしたチェックの生地なので娘にはちょっと暗い感じもして着てもらえるか不安もありますが、今回は久々に私の好みで決めました。

拡大して見る

もちろん、シャツ向きの生地ですので、今回は迷わずチェックのシャツを作ります。 さてさて、それではどんなシャツが出来るか皆さんお付き合い下さい。

■ まずは、型紙&裁断! ■

型紙作りですが、こどもブティックのバックナンバーを参考にアレンジしました。
掲載されていた型紙は120cmでしたので、大きさを130cmに変更してタイトなシルエットにしました。

続いて裁断!
チェックということで目立つところは柄あわせをして裁断しました。
パーツは前身頃2枚、後ろ身頃1枚、袖2枚、上衿2枚、台衿2枚、前立て2枚、カフス2枚、ポケット1枚です。

今回用意したものは、こんな感じです。
○ 表地:(品番:15512-03)100cm
○ 芯地:(AM60−オフシロ)40cm
○ コピクイーン『方眼製図紙』(品番:S532-07)
○ 方眼定規(品番:S530-01)
○ 糸(品番:Y559-黒)

■ 次は、縫製! ■

☆ 縫い代の始末から・・・ ☆

下準備として前・後ろ身頃の脇線と肩線、袖下の縫い代にロックミシンをかけます。

☆ 身頃の縫い合わせ! ☆

前後の身頃と肩線、脇線を縫い合わせます。

縫い代はしっかりアイロンで割ります。

拡大して見る

☆ポケット付け! ☆

ポケット口を三つ折りで縫います。
ポケットをしつけで付けます。
続いて、ポケットの縁にコバミシンをかけます。

☆ 身頃の裾始末! ☆

裾のカーブを三つ折りにしてミシンをかけます。
三つ折り巾が広いとカーブがうまく縫えないので、なるべく細く縫います。

☆ 前立てを付ける! ☆

女性用のシャツの場合、右身頃側を上にします。
右身頃の前中心に前立て布を付けます。
身頃の裏側と前立ての表布を合わせて縫います。
前立ての裾と奥側の縫い代を出来上がり線で折ります。
前立てを表に返してステッチをかけます。

左身頃の裏側と見返しの裏側を縫います。
次に表に返してステッチをかけます。

☆ 袖作り! ☆

袖山にいせ込みのミシンをかけます。
左右の袖下をそれぞれ縫います。
縫い目を利用してあきを作るので、袖下のカフス付け位置から5cm上がりまでで止めます。
袖下の縫い代に割りアイロンをかけます。
あきの部分にコバミシンをかけます。
袖口にカフスを付けステッチを入れます。

☆ 衿付け! ☆

表衿と裏衿を縫い合わせます。
裏衿は少し控えめに縫います。
衿の形はアイロンできまりますので、角は特にしっかりかけます。
そして、外回りにステッチを入れます。

続いて、上衿の付け側の縫い代に台衿を中表にして合わせます。
かえしやすいように縫い代には切り込みを入れました。
表に返して、縁にコバミシンをかけます。


拡大して見る

表台衿と身頃の縫い代を中表にして衿を付けます。

こんな感じで衿が付きました。

拡大して見る

☆ 袖付け! ☆

袖山にいせ込みを整えアイロンで押さえます。
身頃のアームホールに袖山を合わせ縫います。
縫い代を身頃側に倒してアイロンをして、身頃側のアームホール際にステッチをして押さえます。

☆ 最後にボタン付け! ☆

今回は以前にもご紹介しましたが、パールドットのスナップボタンを付けます。
金槌と付属の道具があればすごく簡単に付けられます。
スナップボタンなのでボタンホールも不要なので、娘と一緒に付けました。

身頃に7個、カフスが左右1個ずつ付け完成です。

拡大して見る

   

■ 試 着! ■

早速、出来上がったばかりのシャツを娘に着てもらいました。
今回ショートパンツと合わせたおかげでしょうか、何だか娘がちょっと大人ぽい

拡大して見る
シックな色合いのシャツを上手く着ているように見れるのは、親のひいき目でしょうか???
それとも娘が着こなし上手???

何はともあれ私自身“気になる生地”で、娘のシャツが作れて大満足でした。


■ 最後に、一言 ■

今回ご紹介した“気になる生地”ですが、一見、綿ネル(コットンフランネル)のように見えますが、実はウール素材なんです。
ウールとはいってもガーゼ組織なのでとっても軽く、さらにタンブラー加工を施しているので洗いざらしのユーズド感覚
何とな懐かしい感じがしてすごく気になっていました。
昨年ぐらいからネルシャツも復活してきたこともあり、この生地を見たときからユーズド感覚のチェックのシャツを作りたいと思っていました。

念願叶ってめでたしめでたし。

今回ご紹介した生地にご興味のある方、他の色もありますのでこちらのページ をご覧下さい。


それでは、これでお終いです。

次回もお楽しみに...。



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.