素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第36回:〜 オーガニックコットン+お気に入りのデザイン! 〜

 お待たせしました!
久々のパパソーですが、皆さんいかがお過ごしでしたか?

さて、今回のパパソーですが、大好評頂いているオーガニックコットンの生地で、娘のお気に入りのデザインのチュニックを作ることにしました。

さてさて、出来映えはいかに、ベストマッチとなるでしょうか???


▽▼▽
それでは、早速ご案内します。

■ まずは、生地の紹介から! ■

今回使用する生地は、「ClothLandリニューアル記念の第二段」としてご紹介した、オーガニックコットンです。

すでに大好評頂いている「オーガニックコットン」ですが、さらにたくさんの方に知って頂きたく、今回はオーガニックコットンを選びました。



拡大して見る

そして、今回使用する生地は、こちらのパープルのギンガムチェックです。

とっても人気の商品で、追加注文しました。

また、娘もお気に入りだったようで、出来上がりがとても楽しみです。


オーガニックコットンに興味のある方は、サンプルもご用意していますので、ぜひこちらのオーガニックコットンをご覧下さい。


■ 次に、デザイン! ■

こちらが、娘が普段着ていて、すごく気に入っているチュニックです。

7分袖で、袖にループが付いていて半袖にも早変わり!
ポケットとベルト部分がバイアス使いでアクセントになっています。
写真には写っていませんが、お尻側にもバイアス使いで小さなポケットが付いています。


■ 型紙作り!■

今回はお気に入りの服から直接パターンを取ることにしました。
まだまだ活躍している洋服なので解かずに、細かくサイズを測りながらパターンを引きました。

そして、そのパターンを参考に型紙を作りました。


拡大して見る

パーツは全部で15です。
・衿
・台衿
・前立て
・前身頃(ベルトから上のみ)
・後ろ身頃(ベルトから上のみ)
・胸ポケット
・袖
・カフス
・前ベルト
・後ろベルト
・ベルト通し
・前スカート(ベルトから下)
・後ろスカート(ベルトから下)
・前スカートポケット布
・後ろパッチポケット

型紙を生地にピンで付け、裁断します。

拡大して見る

今回用意したものは、こんな感じです。
○ 表地:35812-02:2.0m
○ 芯地AM1520−オフ白:70cm
○ コピクイーン『方眼製図紙』(品番:S552-07)
○ 方眼定規(品番:S550-01)
○ 糸(品番:Y559-キナリ)

■ 裁断、芯貼り、印入れ!■

ギンガムチェック生地を使用したので、衿の他にポケットとベルト布をバイアス使いでアクセントにします。
拡大して見る
衿・台衿・前立て・ベルト・ポケット口・前スカートポケット布・カフス・ベルト通しには接着芯を貼りました。


拡大して見る

拡大して見る

拡大して見る

■ 縫 製!■

・袖の縫い代をロックミシンで始末します。
・袖下の縫い合わせは袖口あき止まりまでです。
・縫い代を割って、袖口あきを始末します。
・表カフスと裏カフスを縫い合わせます。
・裏カフスの縫い代を内側に折り込んでアイロンをかけます。
・表カフスを袖口と縫い合わせます。
・表カフス側からステッチをかけ、裏カフスを押さえます。
・表衿と裏衿を縫い合わせます。
・衿外回りにステッチを入れます。
・表台衿と裏台衿を衿と縫い合わせます。
 (ステッチを入れた衿を表裏台衿で挟み込むように)
・裏台衿の衿付け側の縫い代を出来上がり線で内側に折り
 アイロンをかけます。
・胸ポケットを前身頃に縫い付けます。
・後ろパッチポケットを後ろスカートに縫い付けます。
・前スカートとポケット布を縫い合わせます。

拡大して見る
・ポケット布が下に垂れ下がらないように、
 スカート上の縫い代部分(ベルト付け線側)に
 ポケット布の縫い代をしつけで止めておきます。

拡大して見る
・前身頃と後ろ身頃の肩・脇を縫い合わせます。
・肩と脇の縫い代は片倒しにし、2枚一緒にロックミシンをかけます。
・前ベルトと後ろベルトを脇で縫い合わせます。
  (表ベルトと裏ベルトそれぞれ縫い合わせます)
・表ベルト・裏ベルトと身頃を縫い合わせます。
 (身頃を表裏ベルトで挟み込むように縫います)
・裏ベルトのスカート付け線側に縫い代を折り込んでアイロンをかけます。
・前スカートと後ろスカートを縫い合わせます。
・脇の縫い代は片倒しにし、2枚一緒にロックミシンをかけます。
・スカートと表ベルトを縫い合わせます。
・表ベルト側からステッチを入れて裏ベルトを押さえます。
・スカートの裾を三つ折りで裾上げし、ステッチをかけます。
・身頃の打合い先に前立てを縫い合わせ、ステッチを入れます。
・身頃の衿ぐりに表台衿を縫い合わせます。
・裏台衿は表台衿側からステッチを入れて押さえます。

拡大して見る
・見頃のアームホールに袖を縫い付けます。

拡大して見る
・ベルト通しを作り、ベルト通しを縫い付けます。
・最後はボタンを付け、ボタンホールを開けて完成です。

拡大して見る

■ 試 着! ■

早速自宅に持ち帰り、娘に着てもらいました。
好きなデザインで、オーガニックコットンの生地も気に入っているようなので、かなり喜んでいました。

娘は自分で三脚を立て、ポーズを決めながらタイマー撮影をしていました。

こちらが娘が自ら撮って選んだベストショットです。

拡大して見る

拡大して見る

こんな娘を見て成長したなあ〜と思うのは親のひいき目、それともただの親ばか?


■ 最後に、ちょっと一言! ■

このところ娘の成長を見ていると「パパの作った洋服はもう着ない」なんて、いつか言われるのではないではないでしょうか?

まだまだその日が来るまでパパソー頑張っていきますので、ご声援の程よろしくお願いします。

もしかして、「自分で作るからパパもういいよ」なんて言ってくれないですかね?そんな日が来るのをちょっと期待しています。

それでは、次回もお楽しみに・・・



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.