素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第39回:〜 夏のカットソー! 〜

 お待たせしました!
久々のパパソーとなりましたが、皆さんいかがお過ごしでしたか?

さて、今回のパパソーですが、夏のカットソーを使ってみることにしました。
大人気のカットソーですが、意外にもパパソーではあまり作っていません。
過去の作品を調べてみたのですが、Tシャツにワンピース、パーカーと小物ぐらいでした。
ロックミシンを使って作ったカットソーは、なんとパーカーだけ。
今回が初のロックミシンで作る夏のカットソーです。


▽▼▽

■ 生地選び! ■

夏のカットソーと言えば、私的にはなんといってもボーダー柄。
トレンドがマリンなので今年は特に注目されていますが、今回選んだボーダーはマリンというよりリゾート風!
ジャカードで表面に凹凸があり、鮮やかな色彩が相俟って夏らしい生地です。

拡大して見る

生地が決まったので、早速製作に入ります。

■ 型紙作りと裁断! ■

型紙はいつものように本を参考に作りました。
パーツは全部で7つです。
前身頃、後ろ身頃、前身頃切り替え下、後ろ身頃切り替え下、袖、袖口、衿ぐりです。

次に裁断・印入れをしました。
袖はパフスリーブにして膨らみを出したかったので、クラゲような型紙になりました。


今回用意した物は・・・
表地(品番:66156-2)100cm
コピクイーン『方眼製図紙』
 (品番:S552-07)
ベビーロックの糸(品番:Y556-キナリ)


拡大して見る

■ いよいよ、縫製! ■

今回は4本ロックでウーリー糸を使用しました。
非常に伸びやすいため、伸縮機能が付いているロックミシンの場合は、縮み縫いにしてロックを掛けると縫い代が比較的伸びずに始末できます。

前後の肩を4本ロックで縫い代の始末をしながら、縫い合わせます。
脇も同様に縫い合わせます。


身頃切り替え下の脇線も、同じく縫い合わせます。
拡大して見る

切り替え下パーツにギャザーを入れます。
ミシンをかけギャザーを寄せます。

拡大して見る

左右それぞれの袖下を縫います。
袖口にギャザーを寄せます。

拡大して見る

身頃切り替え線で、上下パーツを縫い合わせます。
その際、下側の生地がロックミシンの刃に引き込まれないように注意してください。

拡大して見る

袖と袖口を縫い合わせます。
その時、袖口が狭いのでミシンの扱いに注意して下さい。

拡大して見る

身頃のアームホールに袖山を合わせて縫います。
拡大して見る

身頃ネックラインに衿ぐり布を合わせて縫います。
拡大して見る

最後に身頃裾を巻きロックで始末します。
こんな感じで完成しました。

拡大して見る

■ 試着! ■

早速自宅に持ち帰り、娘に着てもらいました。
まずは、普通のポーズで一枚。

拡大して見る

次に、脇に手をやりもう一枚。


拡大して見る


最後のポーズは、バンザイで締ました。


今回はフレアの入ったデザインなので重く見えないように、裾は敢えて巻きロック処理にし、少しウェーブを出して軽やかさを演出してみました。



拡大して見る

■ 被災された皆様へ! ■

この度の東日本地震で被災された方々へ心よりお悔やみとお見舞いを申しあげます。

震災から1ヶ月がすぎ、復興の一歩にしたいと被災地の陸前高田では、ご供養のお花見が行われたようです。
参加者代表の方が「一日一歩で十分だ。365日歩けば、よほど遠くまで行ける。あせらずに進みたい」と言われたようで 、耐え難い現実のなか、復興に対する思いを感じさせられました。
被災された方々の復興を心より願っております。

微力ではありますが、少しでも前を向けるような楽しい洋裁を伝えていきたいと思いますので、今後もお付き合い下さい。

最後になりましたが、お陰様でパパソーも8年目を迎えることができ、この場を借りてお礼申しあげます。



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.