素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
パパソー・親ばか日記

▲TOP 第40回:〜 やっぱり、またチェック! 〜

夏まっさかり、とても暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回のパパソーですが、ブティック社さんのご厚意で本を頂いたので、その本を参考に製作することにいたしました。

「女の子120cm〜140cmの手作りの夏服」という本で、型紙が付いていました。


早速、その本と夏物ホームソーイング用サンプルを自宅に持ち帰り、娘に希望を聞くことにしました。
すると、妻も加わり家族全員で会議!
そして娘が選んだ生地は、やっぱり、またチェック!!

拡大して見る

どうやら娘も私と同じで、チェック好きのようです。
親子って、やっぱり好みも似てくるんですね?

さてさてデザインの方はですが、頂いた本に載っていた「カジュアルパーカーのワンピース」に決定しました。

それでは、生地とデザインも決まりましたので、早速製作にかかります


▽▼▽

■ 製 作! ■

☆ 型紙作り ☆

本に付いていた型紙を、コピクイーンに写します。
そして、裁断・印入れをしていきます。
パーツは( 裏ベルト布、ポケット口、前スラッシュあき位置、フード・表ベルトのハトメ穴位置、襟ぐり見返し)です。

○ 表地:(品番:66506-02)210cm
○ 方眼定規(品番:S550-01)
○ 糸(品番:Y559-4)
○ 接着芯AM-100-ベージュ40cm
○ ボタン1個
○ はとめ4個
○ 丸ひも95cm

拡大して見る

☆ フード作り! ☆

襟ぐり見返しの前後を縫い合わせます。
拡大して見る

フードの中心を縫い合わせます。
身頃肩・脇・見返し外回り・フード中心線にロックミシンをかけ、縫い代の始末をします。
フード中心のみ片倒して二枚一緒にします。

拡大して見る

フードの紐を通す箇所にハトメ穴を開け、まわりは三つ折りにしてミシンをかけます。
拡大して見る

☆ ポケット作り! ☆

身頃の肩線を縫い合わせます。
ポケットを作ります。

拡大して見る

前スカートにポケットを縫い付けます。
拡大して見る

前スカートと後ろスカートを縫い合わせます。
スカート裾を三つ折りして、ミシンをかけます。

拡大して見る

☆ 各パーツを縫い合わせます! ☆

表・裏それぞれのベルトを、前後で縫い合わせます。
裏ベルトは上下の縫い代を出来上がり線で折り、しっかりとアイロンで押さえます。
スカート上部に表ベルトを縫い合わせます。
表ベルトの紐を通す位置に、ハトメの穴を開けます。

拡大して見る

前スラッシュあき位置にゴムループ、襟ぐりにフードを縫い合わせます。
拡大して見る

襟ぐりに更に見返しを重ねて、襟ぐりとスラッシュのあきを縫い合わせます。
アームホールの長さ分のバイアステープ(共布)を作り、袖ぐりに縫い付けます。

拡大して見る

身頃の脇線を縫います。
拡大して見る

☆ 仕上げ! ☆

バイアステープをしっかりと内側に折り込んで、ステッチで押さえます。
表ベルトと裏ベルトで身頃を挟んで縫い合わせ、ステッチで縫い代を押さえます。

拡大して見る

最後に、前中心にボタンを付けて、フードとベルトに紐を通して完成です。
拡大して見る


■ 試 着! ■

早速自宅に持ち帰り、娘に着てもらいました。
さすがに、ジャストサイズでぴったりです。
秋口も着れそうです。

拡大して見る

拡大して見る

■ 最後に、ちょっと一言! ■

皆さんいかがでしたか?
実はぴったりのように着ていましたが、首周りがちょっと小さかったのです。
生地が厚いこともあり、着たり脱いだりするのが、ちょっと大変でした。
生地がちょっと厚いだけでも違うんですね?
素材によってゆとり幅を調整しないといけなかったようですね?
いろいろ勉強になりました!
ただ、秋口まで着れそうなので、娘にはちょっと大変ですが頑張って着てもらいます。
ガンバレしおり!

それでは、今回はこれでお終いです。
次回もお楽しみに・・・



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.