素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
Q&A


 5.縫い方

Q1
縫い代は全てロックミシンで処理するのですか?
A
裏なしで仕立てる場合、表に出る全ての縫い代はロックをかけたりパイピングで処理します。

Q2
ミシンでカーブが上手く縫えません。
A
これははっきり言って慣れです…。とはいえ!
コツもありますので参考までに。
  1. スィッチを踏めばミシンが進んでいってくれる感じをつかむことです。
    手をはなして縫う練習をしてみては。
  2. ミシンが進むペースに合わせながら少しずつ曲げていく感じでやってみよう。
  3. 一言でいうとミシンと息を合わせる!これしかありません。
    ※注※ カーブの所はカーブの形のまま縫う( 無理に直線にしない )

Q3
カーブの所( 細みのジャケットのウエスト等、絞ってある部分)に最適な縫い代の始末は何ですか?
A
『 縫い割る 』という方法です。
カーブのある所に限らず一番簡単で初心者向けと言えます。
これならやった事のある方もいらっしゃるのでは?
  1. まず出来上がりにミシンをかける。
  2. 二枚重なった縫い代を、ちょうど本を開いた時のような状態に開いた時のような状態に開いて、アイロンで押さえる。(これで“割る”という)

Q4
折りふせ縫いって何?
A
Tシャツやジーンズの脇などを縫うときに丈夫にしたりステッチを見せるための縫い方です。
裏から見ると分かりますがロックミシンも掛かっていない、裁ち端も見えないように縫ってある所です。

<少し面倒だな…と思ったアナタ!>
表から見れば「 折りふせ 」と変わらない、もっと簡単な方法もあります。
それがこの「 片返し縫い 」どこがちがうか?というと、裏面を見た時ジグザグorロックミシンが見えるか否かです。
まず片返し縫いを試してみて、上達したら折り伏せ縫いにステップアップするのもオススメです。
ただ、どちらもカーブのある所には向きません。
多少なら大丈夫ですが、表から見た時ステッチの所がつれます。直線の時に使ってみましょう。

Q5
ステッチのかけ方
見頃の袖ぐりのステッチをかけたら変なシワがよってしまいました。キレイにかけるにはどうすれば?
A
もしかして、ステッチをかける時にアームホールの曲線を強引に直線に伸ばしていませんか?
曲線の所にミシンをかける時は、なるべく型紙のカーブの形を保つよう意識して、布の形を変えずにかけるのが基本です。
ステッチに限らずこれは縫い合わせる時も同じです。

Q6
ロックミシンが裁ち端からはずれてしまいます。どうしたらいいですか?(特にカーブが難しい…)
A
まずロックミシンの基本から

Q7
「いせる」って何?
A
布を形づくる方法で、よく袖山に使います。ギャザーがよらない程度にぬい代を縮めます。

Q8
肩線がうまく縫えないときには
A
肩線を縫うとき、ピンで留めていても上の布のと下の布がずれてしまうことがあります。
こういうときには一番細かい紙やすり( 1000番くらい )を10×2cmくらいに切って、ミシンの押さえと上の布の間に入れてみましょう。
もし押さえの右側に縫い代が来ているならヤスリは左側、針の落ちない位置に置きます。
これで驚くほどミシンがスムーズに進むようになります。
やすりが足りなくなったらずらしながら縫い進めます。肩線以外でも、斜めになっている縫い目には使える小技です。お試しあれ。


Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.