素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
新着情報

・・・『2012 SPRING & SUMMER Men's Special Selection』・・・
のご案内

 こちらのコーナーではメンズのスーツ地やジャケット地を中心に、今シーズン特にオススメする商品のラインナップをスペシャルセレクションとしてご紹介いたします。
DIPLOMAT(ディプロマット) DIPLOMAT(ディプロマット)

ご紹介の商品は当社が運営するオーダースーツのヨシムラが、この春夏自信を持ってオーダースーツ店の店頭を飾る旬な生地ばかりです。
このコーナーでご紹介した商品は、全てサンプル帳をご用意しています。

メンズのサンプル帳はDIPLOMAT(ディプロマット)という名称で年2回ご用意いています。

春夏物は3月上旬で秋冬物は9月上旬です。

サンプルをご希望の方はこちらから

※メンズのサンプル帳はDIPLOMAT(ディプロマット)は3週間のお貸し出しです。
恐れ入りますが部数が少ないためお買いあげを問わずご返却下さい。
(ご返却時送料はご負担下さい)

もちろん、店頭でもご準備していますので、お近くの方はぜひお越し下さい。

お店はこちらです→お店の地図


□◆□ 〜メンズスペシャルセレクション〜 □◆□

◆ 伊ゼニア社製 Cool Effect ◆
◎品番:G9001 & G9141〜9145 (カタログP.1 & 28)
◎素材:ウール100%
◎目付:190-200g
◎生地巾:150cm
今シーズンのゼニアは大きな目玉商品2つご用意しました。
その1つがこのクールエフェクト

昨春夏からファッション誌でも採り上げられ、興味を持たれた方も多いと思いますが、このクールエフェクト、猛暑、酷暑に喘ぐビジネスマンに向けて伊ゼニアが開発した『体感温度を下げる』素材です。

具体的には17ミクロン(Super130'S)の細番手原毛を使い、軽く織り上げた素材に、同社が新開発した後加工トリートメントを施すことで、濃色の色合いの生地でも白の生地と同等に太陽光を反射し、体感温度を下げというもの。 実のところ、ゼニア社には同様に夏物素材としてTROPICALという定番素材がありました。
その時は、新しい物ばかりでなく伝統的な良さと比較検討しなくてはいけない、、、ということで導入を見送っていたのですが、昨夏の酷暑の影響もあってか、その後このCool Effectの評判がテーラー業界ですこぶる良く今シーズンから取り入れることにいたしました。

今まで夏物のゼニア(TROPICAL)で作っていた皆さん。

あるいは、昨年の夏を経験して、『もうあんな酷暑はいやだ〜!!』という皆さん、
是非、チャレンジしてください。

◆ 伊ゼニア社製 MICRONSPHERE ◆
◎品番:G9000 & G9146〜9150 (カタログP.1 & 29)
◎素材:ウール100%
◎目付:230g
◎生地巾:150cm
今シーズンの目玉のもう1つがミクロンスフィアー

ミクロンスフィアーはゼニア社が開発してから約5年ほど経っておりクールエフェクトと比べるとその分、実績がある素材ですが、その特徴は見事なまでの撥水性

お手元にサンプル帳がある方は(汚して欲しくないのですが...)水滴を1滴垂らしてみてください。

見事なまでの撥水性で水玉が玉粒のようになってコロコロ転がるのがお分かり頂けると思います。
これが鬱陶しい梅雨時だったら、どんなに便利なスーツになるでしょう。

それだけではありません、この強い撥水効果は防汚・防埃効果としてこれからの花粉症の季節には大活躍します。

花粉症の方は家やオフィスでもくしゃみをされますが閉鎖空間に花粉を持ち込む大きな要因の1つが衣類についた花粉です。

生地は顕微鏡で見ると凹凸があり、その中に花粉が入り込むからこそこのようになるのですが、これがミクロンスフィアーの効果により軽減されるのです。
花粉症の方には特にお勧めしたい素材です。

◆ DUNHILL社製 ◆
◎品番:G9120〜G9133 (カタログP.24〜26)
◎素材:サンプル帳ご参照
◎目付:220〜230g
◎生地巾:150cm

カルティエやパネライなどのラグジュアリーブランドを有するリシュモングループ傘下となって久しいダンヒル。
サッカー日本代表のオフィシャルスーツを手掛けるなど、ブランドマーケティングにより、その名も幅広い年代に知れ渡るようになりました。

◆ 伊ロロピアーナ社製 ZELANDERシリーズ ◆
◎品番:G9098〜9100 (カタログP.18〜21)
◎素材:ウール100%
◎目付:230g
◎生地巾:150cm

20代の私にとっては、背伸びをして仕立てるような感覚のこのロロピアーナ。

ロロピアーナの生地を実際に触ったことのある方やお仕立てした方などには十分素材の良質さ、肌触り、艶感などで、他ブランドとの違いがわかって頂けていると思います。

そのなかでもZELANDERは艶や質感は失わず、それでも サラッとした清涼感があり、その辺はさすが!といったところでしょうか。
まだ素材感を実感したことがない!という方は是非サンプル帳または店頭でご確認ください。

◆ ドーメル社製 ◆
◎品番:G9071〜9072 (カタログP.15)
◎素材:ウール100%
◎目付:230g
◎生地巾:150cm

ドーメル社の歴史は古く、創業は19世紀の半ばですから、優に150年の歴史を誇ります。
その歴史において、ちょうどウナギ屋のタレが継ぎ足しされるように、英国紳士服の伝統を守り時代の流行に左右されないモノ作り精神は長く受け継がれています。

また、日本でも古くから名だたる有名テーラーの多くがドーメルを取り扱い、ドーメルは一流のテーラーの証しとまで言われた歴史があります。

もちろん伝統の上にあぐらをかくことなく、老舗は常に漸進を遂げているからこそ今があります。
(ちょうどヨシムラと同じかな)

というところで、今回のご紹介は2マークだけですが、いずれも品質から見ればかなりお買い得になりますので、インポート物でオーダーを...とお考えの方はぜひ手にとってご覧下さい。

◆ SCABAL(スキャバル)社製 スーパー100's ◆
◎品番:G9116〜G9119 (カタログP.23)
◎素材:ウール100%
◎目付:240g
◎生地巾:150cm

スキャバルといったら英国生地の代名詞のように思う方が多いと思いますが...

実は、ベルギーのブリュッセルに本社所在地が在るんですね。ベルギーは、有名デザイナーのラフ シモンズやドリス ヴァン ノッテンなどを輩出しているファッションのさかんな国で、食べ物もイタリアに負けずおいしい所です。

話がそれましたが、今回ご紹介するスキャバルのスーパー100'sは、極々ポピュラーな素材ですが、大変物性が安定しているので、大事に着ていただければ長持ちしますし、仕立て栄えのする両得な素材です。

色っぽさはありませんが、あくまでベーシックを基調にセンスと質の良さを漂わすエグゼクティブに最適な一品です。

◆ 葛利毛織社製 ◆
◎品番:G9035〜G9054 (カタログP.8〜11)
◎素材:カタログ参照
◎生地巾:150cm

今や当社ではゼニアやロロピアーナを追い越す勢いで伸びているのがこの、葛利毛織です。
やはりその質感に魅力を感じて頂いているお客様が多いのがその所以なのですが、お薦めしても安心なので、どうしても「迷ったら葛利 」とばかり我々もお薦めするのもその一因となっているのかなと思います。

また今回の傾向としては春夏物らしくモヘア混紡を多く取り揃えました。
今さらですが、モヘアの質感は何と言ってもサラッとしていて、強撚糸特有の光沢感があり、通気性に優れているのがその持ち味です。

その為か、仕立映えすると業界でも評判は高く、古くからのテーラーなどは「日本の夏はモヘアに限る」とまで言い切るお店も珍しくありません。

とりわけ、画像でご紹介のG9050〜G9052キッドモヘア混紡ですから、よりギトギトとした質感をお楽しみ頂けるものと思います。

◆ 伊REDA(レダ)社製 ◆
◎品番:G9060〜G9065 (カタログP.13)
◎素材:ウール100%
◎生地巾:150cm

一度イタリア製の生地で仕立ててみようかな?でも値段が高いし...

なんて軽くお悩みの方に是非オススメしたいのが、このレダの生地なのです。

価格が国産のモノと比べそれほど変わらないのに、色柄のデザインや手触りなどは、充分にイタリアモノの良さを提供してくれます

また、トレンド性も高く、そのコストパフォーマンスには必ずや満足されるのではないでしょうか

リーズナブルな価格が提供できるのも、ゼニアなどと比較して10倍ぐらいの生地を生産しているからなんです。インポート物を初めてお試しになろうという方には最適なブランドだと思います。

◆ GUABELLO、POLICARPO、TOLLEGNO(トレーニョ)社製、
インポートオムニバス ◆
◎品番:G9066〜G9070 (カタログP.14)
◎素材:ウール100%
◎生地巾:150cm

インポート商品はゼニアやロロピアーナなどの名前が通った商品ばかりではありません。
グアベロポリカルポトレーニョ、、、ローマ字ではちょっと発音できないような銘柄にも良い物が沢山あります。

例えば、トレーニョの3プライ

3プライというと1本の糸が3本の細い糸から出来た物を言いますが、伝統的な英国物3プライでは糸の太さ故に仕上がりはゴロゴロ肉厚になります。

それがイタリアで作られたトレーニョになると、3プライのサラッとした触感はそのままに質感も軽くなりますから、通気性は良いけど重くて暑い×××にはなりません。
その他モヘヤが入った夏物のグアベロなどもありますからオムニバスだからといって軽く見ないでじっくりご検討下さい。

◆ 伊CANONICO社製 Super120'S WOOL & MOHAIR ◆
◎品番:G9077〜9082 (カタログP.18〜21)
◎素材:サンプル帳ご参照
◎生地巾:150cm

1963年ビエラにて創業されたミル。
年間多くの生産量を誇り、そのコストパフォーマンスは非常に魅力的で、私の同年代からファッションが好きな年配の方まで幅広い年齢層で人気の商品となっております。

イタリア独自の色気のあるストライプもオススメですが、今回特に私からご紹介したい逸品は... 無地のペールトーンです。

トレンドはライトトーンから切り替わりつつありますが、それでもペールトーンの素材は、シャツやネクタイによって表情がガラリと変わってきます。

ダークトーンのスーツはもう結構持っているので少し遊びたい!という方やオン・オフを兼ねてコーディネートを楽しみたいという方には是非、お勧めの商品ですのでご検討していただければと思います。



◆ 日本毛織社製 トラベルック ◆
◎品番:G9025〜9034 (カタログP.6〜7)
◎素材:ウール100%
◎生地巾:150cm

日本毛織さんと言えば、日本の紡績では1、2を争っている会社で、リサイクルなどのエコ活動にも熱心な会社です。

ニッケの呼称がポピュラーですが、僕は学生服のイメージが強いですかねぇ。だから、脱・シワ宣言!などと言うたいそうなメッセージもすごく説得力を感じてしまいます。

このトラベルックは、しわになりにくく、ついても取れやすいをキャッチフレーズにした、まさしく機能性を売りにしたコレクションなのです。

確かにその手触りから、強い弾力性を感じます。

席を暖める暇のないタフなビジネスマンに打って付けの一品です。

◆ 当社 オリジナル ◆
◎品番:G9008〜G9019 (カタログP.3-4)
◎素材:サンプル帳ご参照
◎生地巾:150cm

ここぞという時の勝負服もあれば、普段使いもある。
ビジネス上のパワースーツでもあり、一方ではリラックスしたい時のスーツもある。

そんな色んな目的の中で言えば、この価格帯はズバリ普段使いのスーツ、消耗を気にせずガンガン着れるスーツと言ったところでしょうか?

今シーズンはトレンドの明るめの紺ブレに千鳥格子などトレンド感ある商品を多数入れましたので是非、この価格帯を馬鹿にせずお試し下さい。

◆ 中外毛織製 ◆
◎品番:G9004〜G9005  (カタログP.2)
◎素材:ウール67%、ポリエステル33%
◎生地巾:150cm

割安感タップリの、文字通り「廉価良品」を感じて頂けるラインナップとなっております。

今回も中外毛織や長大毛織という名だたる伝統ある国産メーカーの素材をチョイスしましてのご提供で、シャープなストライプ柄などこれからのシーズンに相応しいクール感を感じて頂けるものと思います。

◆ 伊SONDRIO(ソンドリオ)社製 ◆
◎BL9313〜BL9317 (カタログP.35)
◎素材:ウール97%、ライクラ(ポリウレタン)3%
◎生地巾:147cm

当社において久しぶりに紹介するイタリアはソンドリオ。

Marzotto Group傘下の同社にはヨシムラお馴染みのグアベロもあり、その中でもソンドリオはアパレルメーカーやスポーツメーカーに生地を供給する事で有名です。

今期は新しく5マーク展開し、色はホワイト、クリーム、カーキ、ネイビー、ブラックの全て無地で使い回し効きやすい品揃えです。

ジャケットは元より、クールビズに向けてのパンツとして、重宝して頂けること請け合いです。

当社シャツ生地の中からマッチしやすいものを挙げると、ホワイトはブルー系(SH711-2)やハッキリとしたストライプ(SH703-6)、クリームはベース色を濃く(SH713-5)、カーキは無地系(SH700-2)、ネイビーはスカイブルー(SH700-5)や織り柄(SH701-7)、ブラックは薄いグレイ系(SH713-4)などと上手くマッチしそうです。

シャツの詳しい画像はこちらへ>>>>トーマスメイソン ・ カンクリーニ

素材は、コットン97%、伸び縮みする素材の代名詞でもあるライクラを3%混紡させることにより、体の動きにフィットする素材へと進化しております。
コットン製品は市場に沢山存在しているからこそ、体に合い素材も確かな物を長く着る事が現代では必要なのではないでしょうか。

◆ 伊アンジェリコ社製 ◆
◎BL9318〜BL9322 (カタログP.36)
◎ウール70%、シルク30%
◎生地巾:150cm

クールビズの浸透で、ビジネスシーンでのジャケパンスタイルもすっかりと市民権を得たようです。

そんなジャケパンスタイルにぴったりなのが、今回ご紹介のウールシルク混紡の素材で、イタモノらしい高級感と色合いがその持ち味です。

ざっくりと織り込まれたように見える表面感は軽くしなやかで、その上に光沢感もありとセレブ気分も味わえますよ。

色目も地中海を思わす5色で、チョッピリ派手かな?と思うぐらいがちょうど良いのです。



+バックナンバー


Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.