素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
新着情報

・・・『Special Selection 2011 SUMMER』のご案内・・・
・・・ 夏物上級者サンプルからおすすめ商品のご案内!・・・

この夏注目のトレンドの生地や夏に最適な素材など
盛り沢山の商品の中から
「スーツ・ジャケット」におすすめな商品を
ピックアップしてご紹介します。
その他にも「アンサンブル・ワンピース・スカート」に向く
商品もあわせてご案内します。


ご紹介の商品は今回も当社が運営するオーダースーツのヨシムラ(レディース)が、この夏自信を持ってオーダースーツ店の店頭を飾る旬な生地ばかりです。

サンプル帳のご請求はこちらまで
>>> サンプル請求画面
※上級者サンプルですので当店で初めての方はお貸し出し(3週間)か店頭でご覧下さい。
お店はこちらです→お店の地図


それでは早速、当社のオーダースーツ部門より
この夏おすすめ商品をご案内いたします!
今年人気のスタイルやトレンド情報もご紹介していますので
どうぞ参考にしてみて下さい。
(後はオーダースーツの皆さんよろしくね


 ★☆★ 〜2011年春夏 耳よりファッション情報〜 ★☆★
 2011年春夏の注目のキーワードは「リラックス&ナチュラル」「カラフル&ポジティブ」「マニッシュ&フェミニン」などが挙げられます。

アイテムとして一番注目度の高いのはワンピースとワイドパンツです。
70年代調のいわゆるパンタロンが復活の兆しあり!?
トップをコンパクトに、ボトムをボリューミーに『裾広がりのAライン』がテーマ。
ミディアム丈〜ロング丈のAラインスカートやワンピースと、ふんわりとエアリーなシルエットが人気となりそうです。

『素材は・・・』
今春は肌みせ度合いを控えめにするのが「新ヌーディー」の傾向。
透け感のあるシフォンやレースなどリラックス感のある素材が人気です。
トレンドのAラインシルエットとの相性もバッチリです!
また、コットンを中心とした天然素材も今春夏注目。
ナチュラルな素材感は気分もリラックス出来ますね。
『カラー・・・』
ヌードカラーは人気の定番化でロングトレンド。
秋冬から引き続きキャラメルカラーと、新たにブラウンやキャンディーカラーにも注目です。
また、今春はピュアホワイトも人気となりそうです。
その他ではビタミンカラーのオレンジやピンク、ブルーといった、トレンドキーワードにもあるカラフルでポジティブなカラーにも注目が集まりそうです。

それでは個別の商品の中からオススメ商品をご紹介したいと思いますが、
今回はおすすめアイテム別にご紹介していますので是非ご参考にご覧下さ〜い



ワンピース・スカートはこちら
スーツ・ジャケットはこちら

ワンピース・スカートにおすすめ
<66305-1〜3>
コットンレース


 可愛らしくなりがちな花柄刺繍のコットンレースですが、こちらのコットンレースは、高級感と大人っぽさが漂う素敵な生地です。
コットン100%は夏定番の素材ですが、吸湿性が良く肌にも優しく、爽やかにお召し頂けるのが人気の秘密ですね。

今回ご用意のカラーは、ブラックネイビーパープルの3色です。
夏には敬遠されがちな濃いめのカラーですが敢えて、夏場に濃い色目を涼しげにお召し頂くのもお洒落ですよ〜。



■おすすめスタイル■
 シンプルなボートネックのワンピースはいかがでしょうか?
裾は少し広めのセミタイトにして大人っぽく、また実用的に夏のお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか!?

単品遣いでコーディネートを楽しみたい方には、少し長めのソフトプリーツスカートもオススメです。
トップスに色物、柄物が多くなる夏場には、無地感覚でお召し頂けるこちらの生地で作ったスカートは重宝すると思います。

お洒落上級者の方にはスーツでお仕立されるのもオススメですよ。
我こそは!と言う方、是非お試しくださいね。


<66307-1〜3>
ローンレースプリント


 コットン素材のフラワープリントにレース刺繍を施したこちらの生地は、下地がコットン100%ですので涼しくお召し頂け、春先から夏のリゾートに至るまで重宝すること間違いなしです!

カラーも淡いブルー系、紺地にピンクの花柄が映えるタイプ、大人っぽい雰囲気のモノトーンの3色をご用意致しました。
涼しさ漂うブルー系、大胆なピンク系、シックなブラック系とお好みや用途に合わせてお選び頂けます。



■おすすめスタイル■
 ワンピースやフレアスカートがオススメです。
薄手のコットン素材ですのでソフトな仕上がり感がある上、刺繍を施していますので華やかで、涼しげなプリントになっています。
比較的大胆なプリントですので、シンプルなデザインのワンピースにお仕立てされてはいかがでしょうか?

また、足さばきが良いフレアスカートは長時間座ることのある夏の旅行着に重宝しそうです!


<66309-1〜3>
ナチュラルボーダー


 ボーダーとは、もともとは布の片方または両方の織端を平行にデザインして、縁飾りのように染められた柄のことを呼んでいましたが、現在は横しま模様のみを呼ぶようになりました。
また、当初はスカートの裾やヨークなどにラインとして配色をし、縁取り感覚の模様を楽しんでいましたが、現在ではボーダー柄としてカットソーなどの人気アイテムが沢山ありますね。

そんな人気のボーダー柄を今夏も3種類ご用意致しました。
ボーダー柄と聞くと、白×黒のパキッとしたものをイメージされる方が多いと思いますが、今期はブルー系・ピンク系・モノトーン系のグラデーションカラーで柔らかい雰囲気が特徴です。

コットンが主ですが、若干の透け感凹凸のある素材で、見た目にも清涼感が感じられますね。
定番柄も、グラデ×透け感で新鮮なお洒落をお楽しみ頂けますよ。



■おすすめスタイル■
 オススメは、やっぱりワンピースorスカートです。
淡く、優しげにまとまるグラデーションカラーですので、ボーダーの持つカジュアル感が全面に出るというより、上品で大人っぽいスタイルが完成します。
通勤には白やベージュのジャケットを合わせると、季節感と清潔感の両方が出せます。
また、お休みには、ワンピース一枚でフレンチスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか♪



<66311-1〜2>
ジョーゼットプリント


 エスニックなムードたっぷりの、ペイズリー柄のご紹介です。
ペーズリー柄とは、日本では勾玉模様 (まがたまもよう) とも呼ばれています。
伝統的な柄で、昔は高度な織物として扱われていましたが、現在では織物よりもプリント柄として多く出回っていて、オリエンタルな雰囲気の模様や配色が、流行中のリゾートスタイルにピッタリで、代表的な柄の一つになっています。

今回ご用意しました2柄も、ペーズリー柄をプリントしたポリエステルジョーゼット素材ですので、さらっとした手触りで肌にまとわりつかず、暑い夏にも快適な素材です。
また、ポリエステルはシワにもなりにくいので、旅行などでもかさばらず、コンパクトに持ち運び出来るのも嬉しいですね。



■おすすめスタイル■
 ブルーベースのペイズリー柄は、流行中のリゾートスタイルのためにあるような存在感です。
ワンピースなら、大胆な柄を活かして、着丈を足首近くのマキシ丈までもってくると今年らしいですね。
スカートなら、ソフトプリーツやフレアースカートで、生地の落ち感や、ジョーゼットならではの裾周りの柔らかい動きを楽しんでみてはいかがでしょうか?
柄にインパクトがありますので、一点豪華主義でそれだけでお洒落に決まりますよ!




<66331-1〜2> シルクサッカー
<66416-1〜2> シルクサッカーストライプ

 サッカーは、縦ストライプ状に波のようなシワがあるのが特徴の生地です。
今回ご用意した2種類は、シルク100%で織り上げた高級感たっぷりの生地で、しなやかなドレープ感が出せます。

■66331(シルクサッカー)は、光沢感が割と強く、手触りも滑らかでフォーマル度の高い質感です。

■66416(シルクサッカーストライプ)は、ストライプ柄にも見える織りで、少しハリがありますので、高級素材の中でもカジュアルな雰囲気を持ち合わせています。

同じシルクでも、織り方一つで違った雰囲気ですが、通気性良く、シルクならではのサラッとした肌触りは健在ですので、これからの季節に気持ちよくお召し頂けます。



■おすすめスタイル■
 シルクならではの上品な質感を活かし、ワンピースやアンサンブルなどがオススメです。
上品さと動きやすさを考えるなら、人気のカシュクールタイプがおすすめです。
カシュクールタイプなら、フォーマルまでいかなくとも、ドレスコードのある場面にも充分に対応出来ますのでお洒落の幅が広がりますよ♪

また、サッカーストライプの方は、カジュアルな雰囲気も持ち合わせていますので、夏場の旅行着として一重(ひとえ)仕立てのジャケットなども重宝しますよ。


<66359-1〜3>
ジョーゼットプリント


 ジョーゼットは薄く、透け感のある生地のことを呼びます。
もともとは強く撚 (よ) った糸を縦横に織り、粗めの平織のことをさしていました。
独特のシャリ感を楽しめて、ドレープや細かいギャザー、プリーツがキレイに出るので、婦人用のドレスなどにも好んで使用されていて、とても上品な仕上がりです。

今夏は、小花柄が可愛いジョーゼットプリントをご用意致しました。
落ち着いたカラーの小花柄ですので、「花柄だと子供っぽくないかしら?」とか、プリント物に苦手意識のある方でも、取り入れやすい柄です。
暑い季節にもピッタリの、ホームクリーニング可能なポリエステル素材ですし、カラーによっては初秋まで使えますので、一枚あるとロングスパンお召し頂けます♪



■おすすめスタイル■
 フェミニンな雰囲気ですので、お仕事用というよりもお休みのお出かけ着としてアイテムを想像してみると良いですね。
トレンドの花柄ですので、Aラインのワンピースなら、一枚でもさまになりますね。
また、無地のジャケットなどと合わせたり、スカート丈と柄の分量に注意すれば、幅広い年齢層の方にお召し頂けます。


スーツジャケットにおすすめ
<66313-1〜4 >
ナチュラルスラブ


 スラブとは聞き慣れない言葉ですが、生地の所々に見られるのことで、芯糸の中に繊維の束が撚り込まれていて、生地表面の横方向に紡錘状の柔らかい太い節が見られる素材をスラブヤーンと言います。
従来、麻やシルク(シャンタン)など天然素材に見られた節の入った素材を模して、近年ポリエステルに加工を施し、節(スラブ)を撚り込んだ素材がこちらの生地です。

程良く光沢が有り、表面が滑らかです。
ポリエステル素材ですのでお手入れや取り扱いが楽ですので、汗を掻きやすい夏場には重宝する素材です。



■おすすめスタイル■
 何と言ってもアンサンブルが一押しです!
シンプルなワンピースとジャケットはお子様の学校行事にもお仕事やお食事会など、夏のお出掛け着にとっても素敵です。
シンプルなデザインのワンピースは真夏単品でお召し頂いたり、カーディガンを羽織って少しラフなスタイルにもコーディネートしやすいですね。
また、単品ジャケットはデニムに羽織って 大人カジュアルにもGoodですよ。

<66317-1〜2>
フランス綾ドビー


 ドビーはドビー織り機で地紋織りした生地を指し、小さくて単調な紋様の繰り返しで構成される柄ゆきが特徴です。
一般的にワイシャツとして用いられることが多い素材です。

ドビーとジャカード、フランス綾とツイル、カルゼ、とは同類語ですが、織機で織りだした柄の大きさでそれぞれ区別されています。

今回ご紹介するドビーは清潔感、清涼感があり、肌触りが優しいので夏場は裏無し仕立てがお好みの方にもオススメ素材です。


■おすすめスタイル■

 裏無しの夏仕立てのジャケットとセミタイトスカートとのスーツはいかがでしょうか!?
涼しげで爽やかな夏の一着になります。
また、共生地でワンピースも持っているとリゾートにも重宝頂けますね。
冷房対策にもなるジャケットはコーディネートしやすいので、ヘビーローテーション間違いなしです!




<66385-1〜4> ストレット擬麻
<66421-1〜3> 擬麻


 今年は洋服だけにとどまらず、寝具業界など、各業界で天然素材に注目が集まっていますが、実際のところ、お手入れに少々不安をお持ちの方もいらっしゃいますよね!?
そこで、手軽に麻の質感・風合いをお楽しみ頂ける素材がこちらの擬麻素材です。

擬麻とは、綿やレーヨンに薬品処理をして、麻に近い風合いを出す加工のことで、擬麻加工と呼ばれています。
ポリエステル100%ですので、麻独特のシワを気にせず、お手入れもしやすく、今まで敬遠してきた方も取り入れやすい素材となっています。

■66421(擬麻)は、光沢感が強くパステル調の3色で女性らしいお洒落を楽しめます。

■66385(ストレッチ擬麻)は、ストレッチ性もあり、動きやすく、日常使いしやすい素材です。


■おすすめスタイル■

 ポリエステル100%のイージーケア商品ですので、初夏〜夏にかけてのビジネスシーンにどんどんご活用頂けます!
パンツ、スカートどちらでもOKですが、タイトな着心地がお好みの方には、ストレッチ性のある、ストレッチ擬麻の方が動きやすく、よりオススメです。

擬麻の方は、スカートやワンピースで、上品なスタイルにまとめてると、職場でも紅一点の華やかさが出ますね!
どちらも夏らしいカラーを取り揃えましたので、すっきりと爽やかに着こなせますよ。


<66419-1〜3>
サマースーティング


 スーティングは度々ご紹介している素材ですので、スーツを作るのに適した素材を指すことはご存じの方も多いと思いますが、今回はスーティングの中でも薄手でサラッとした、涼しい夏向きのスーツ地をご紹介します。

メンズのウール生地より薄くしなやかで、仕上がりもソフトな、女性らしいラインのスーツに仕上がります。



■おすすめスタイル■
 ビジネススーツはもちろん、お子さんの学校行事にもお召し頂けるスカートスーツはいかがでしょうか?
フェミニンな雰囲気がお好みの方には、ロールカラージャケットにフレアスカートを合わせたスーツがオススメです。

また、しなやかさを活かしてプレス無しのワイドパンツもオススメですので、スペアパンツをお考えの方、単品パンツをお探しの方には打ってつけの素材です。


<66424-1〜3>
サマーファンシー


 夏らしいサマーファンシーも、毎年の定番として定着してきました。
こちらの生地は黒・紺・白をベースに、伏模様といった感じの織り柄の線が入っているのが特徴です。

ボーダーでもストライプでもなく、一見すると難しそうな織り柄ですが、ベースカラーが落ち着いていますので思いのほか、取り入れやすいところがポイントです。

また、コットンが主ですが割と薄手ですので、軽くて見た目も爽やかな印象に仕上がります。
こういった素材でスーツを楽しめるのは女性ならではですので、お仕事にはもちろん、きれいめカジュアルとしてプライベート用にお選び頂いても良いと思います♪



■おすすめスタイル■
 清楚でキレイめスタイルが完成します。
スカートスーツなら、ノーカラージャケットであまり飾り立てず、織り柄の良さを活かすとコンザバティブなスタイルにまとまります。
ジャケットにクロップドパンツなどを合わせると、アクティブな夏マリンスタイルを楽しめますね。

最近は3シーズン着用出来る素材をお探しの方が多いですが、たまには季節感をたっぷり感じられる、こんな素材もおすすめですよ。


<66448-1〜5>
ピュアリネン


 カラー展開豊富なピュアリネンのご紹介です。
ピュアリネンは、独特なハリがあり、吸水性、速乾性に優れていますので夏物の衣類や寝具には欠かせませんね。
麻のハリは、同じく麻と呼ばれ寝具などに使われるラミーより柔らかいのが特徴です。

今年は、節電意識が高まっておりますの、クーラーなどを控えめにする傾向が考えられることから、ピュアリネンは特に注目されている素材です!
これだけのカラー展開ならきっとお気に入りの一着をお仕立て頂けること間違いなしです!
また、リネンは着用しているうちに体に馴染んできますので、天然素材の良さを肌で感じてみてはいかがでしょうか?



■おすすめスタイル■
 なんといってもジャケットスタイルは外せません!
テーラードジャケットをお仕立て頂ければ、スカート・パンツ・ワンピースと、どのアイテムとでも組み合わせをお楽しみ頂けます。

ジャケットのデザインは、ビジネス用とは少し変化をつけて、アウトポケットにしたりステッチを目立つように入れてみたりすると、ちょっとしたこだわりが感じられ、お洒落です。
スカートや、ワンピースはシンプルにしてアクセサリーでポイントをつけると今年らしくなりますね。


+バックナンバー


Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.