素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
服作り工房
▲TOP

第21回:『春のお手軽簡単アイテム!』
 今年は昨年に比べ暖かい冬ですが、それでもそろそろ春の日差しが恋しいこの季節、皆さんどのようにお過ごしですか?
北国にお住いの方は、より一層春の訪れが待ち遠しいのではないでしょうかね。
私の中では新春大売り出しも終わったので、いよいよ春到来という感じです。
さて、今年最初の服作り工房では、春を前に『この春オススメのお手軽簡単アイテム!』をご紹介します。

そこで、どうせなら流行も取り入れようと、当店のアルバイト君達(服飾専門学校の学生&OB)と一緒に今シーズンのトレンドを探ってみることにしました。
(服飾系の学生にとっては生地屋は宝の山、そして生地の勉強も兼ねてアルバイトに来ています)

すると、皆から出た意見は『ドレスが一番!!この春夏のマストアイテムになるのではないか?』とのことでした。
各国のコレクションでも多く紹介され、デザイン、ディテール、カラー、柄、素材と、すべての要素において広がりをみせていきそうです。
ドレスというと、今までは少し敷居が高いアイテムでしたが、今シーズンはより実用的になり、普段着としての市民権も得るのではないでしょうか?
ちょっと想像しただけでもこの春夏は楽しくなりそうですね。

とはいえ、作るとなるとさすがにドレス、お手軽にとはいきません。
そこで、今回はドレス同様に広がりのあるアイテムとしてキャミソールをご紹介していきます。
そうそうキャミソールを長くすれば、キャミドレスに変身もしますしね。


ということで...
▽▼▽
■ まずは、キャミソールの種類を、ちょっと紹介! ■

デザイン的には...
◆ ティアードタイプなど切り返しをした物があります。
ギャザーを寄せたモノやドローストリング(引き紐)を施したタイプがあります。
◆ シンプルな吊り紐からダブルストラップ、肩口で結ぶひも結びタイプ、そしてストラップを首の後ろで結ぶホルターネックなど色々な形状の吊り紐があります。

そこで思いつくまま、キャミソールをデザインしてみました。



拡大して見る

もちろん、生地も色んな素材が使われています。
大きく分けると、ニット(編み物)布帛(織物)に分けられます。
ニットでは、主にカットソーに使われる天竺、フライス、スムースなどが使用され、無地物からプリントやジャカード・パターンメッシュなど様々な柄物があります。
布帛では、ドレッシーな素材のシフォンジョーゼットやサテン、また夏のカジュアル向きなシアサッカーや楊柳、さらにシャーリングを施した生地もあります。

たくさんの生地が使えるので、ちょっと悩んでしまいますが、今回は最新の春物ホームソーイング用サンプルから生地を選ぶことにしました。
春物サンプルは見ているだけで、華やいだ気分にさせてくれます。



拡大して見る

 そして、その中から選んだのは、春らしい可愛い小花のニットの生地です。
商品番号:2513-02春物ホームソーイングに掲載中

■春物ホームソーイング用サンプルが
 欲しい方はこちらまで
  >>> サンプル請求画面

拡大して見る

■生地についてご興味ある方
 色んな生地をご紹介していますので、こちらもどうぞ。
 >>> 生地を知りたい知っとかなくっちゃ!

そして、作る生地も決まりましたので、早速製作に取りかかります。
今回のキャミソールの製作は、いつものように塚原さんにお願いしました。


■ まずは、型紙作り ■
 型紙はブティック社のフィーメールに載っていたものを活用しました。
その型紙に、ピンで生地に止めます。
そして、ズレないように型紙に沿ってハサミで生地を裁断します。


拡大して見る

【 今回用意した物は下記の通りです 】
○ 商品番号:2513-02 50cm
拡大して見る
○ コピクイーン『方眼製図紙』(品番:S512-07)
○ 方眼定規(品番:S510-01)
○ 糸(品番:Y518-2)
○ チロリアンテープ 2.0m

■ 次は、縫製! ■

カットソーなのでロックミシンがあればとっても簡単に出来るのですが、今回も家庭用ミシンのジグザグ縫いで代用しました。
裁ち目はジグザグミシンでかがり縫いをします。

【縫い方の工程は、こんな感じです】
○ 袖ぐりの始末をします。
○ 衿ぐりには予めゴムを入れて始末をします。
(ゴムの長さは衿ぐりの70%にしました)
○ 前後の脇を縫います。
○ 裾を三つ折りにしてミシンで縫います。

そして、最後は肩紐をつければ出来上がりです。
肩紐には、ちょっと可愛いチロリアンテープを使いました。
吊り紐は装飾的にダブルストラップにしてみました。
製作からわずか一時間、アッという間にキャミソールの完成です。
今回は服作り工房始まって以来の最短アイテムです。
少し余っていたチロリアンテープを裾に置いてみました。

拡大して見る
そして、トーションレースもあったので同じく裾に置いてみました。
とってもキュートです。
ストラップをトーションレースにするのもありですかね?


組み合わせ次第で、いろんな表情になりそうです。


拡大して見る
さて、
最後に出来上がったキャミソールを着てもらおうとモデルを探したのですが、みんな恥ずかしがって着てくれませんでした。
それが、ちょっと残念でした。(>_<)

■ 最後に一言! ■

今回ご紹介したキャミソール、元々はインナーウェア(下着)でしたが、近年Tシャツやタンクトップなどのようにアウターとしも広く着られるようになりました。
それ故かニューインナーなどと呼ばれています。
ファッションの広がりのなかで、アウターとインナーの境界線が薄れてきているのでしょうね?

もしかして、10年先にはとんでもない着こなしやスタイルが流行っているかもしれませんよ。
まぁ、それもファションの魅力とパワーでしょうか...。

皆さんも、この春いろんな着こなし方を楽しんでみてはいかがでしょうか?...

...ということで、今回はこれでお終いです。

そうそう、最後になってしまいましたが、先日行われた新春大売り出し、たくさんの方にご来店頂き大盛況でした。
この場を借りて、深くお礼申し上げます。


そして、ただ今お店の方ではセールを境に衣替えをしまして、春物商品をご紹介しています
お近くの方は是非遊びに来てください。お待ち申し上げま〜す

それでは、次回お楽しみください。



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.