素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
服作り工房
▲TOP

第27回:〜 カットソーにチャレンジ! 〜



春の訪れを感じる今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?
そういえば、2月の中旬に社員旅行で熱海に行ってきたのですが、日本一早咲きのが咲いていました。

でもその近くで、も咲いていたのにはビックリ!!
その熱海桜って呼ばれ、日本一早咲きのよりさらに早く咲くそうで、順番が逆じゃないか!?と思いながらも一足早くを感じていました。

さて、 今回の服作り工房ですが、カットソーにチャレンジします。 お客様から『ニットの生地を探している』という声を多く聞き、いつかご紹介したいと思っていました。
ところが、今までロックミシンが無かったため先送りになっていたのですが、パパソーで応募した「リフォーム&リメイク大賞」で大賞に選ばれ、その賞品としてロックミシンを頂きました。




そこで、満を持してカットソーにチャレンジします。
(ちょっと大袈裟?)

今回は製作するだけではなく、カットソーについてもいろいろ紹介していきます。

まず、最初は...
▽▼▽

■ カットソーって何?■
皆さんはご存じだと思いますが『カットソーとは何か?』を改めて説明します。

カットソーはニット地の生地をカット(cut=切る)+ソーン(sewn=縫う)ことから、その行程をカット&ソーン通称カットソーと呼ばれています。
布帛(=織物)の場合は切って縫ってもカットソーではありません。
あくまでもニットに限りカットソーと言います。

また、その行程で作られたニット製品を指す場合もあります。
ただし、ニット地=カットソーではありません、カットソー以外のニットも有ります。

そこで、ニット地で製品を作る方法も紹介します。

半成型編み
 パーツ毎に編み目を増減しながら編み、編み目をつなぎ合わせて作る。
完全成型編み
 ホールガーメントで最終的な形まで成型編みで作る。
流し編み
 織物の反物のように一定の幅で平らなモノ及び筒状にニット地を作り、
 それを裁断して縫い合わせます。

上記の中でカットソーに使うのは、流し編みをして出来上がったニットファブリック(=ニット地)です。
そのニット地は平らなモノと筒状の物があり平らなニット地は経編みで筒状のニット地は丸編みです。

また、プリントなどの加工を施すためや、縫製しやすくするために筒状の物をカットして普通の生地にする事もあります。

カットして耳が丸まったりほどけやすくならないように糊付けをする場合もあります。
その、糊付けのことをカミングと言います。

ニッター(ニット製造業)の人たちはカットソーに良く使われている丸編みをマルモノ、成型編みに使われている横編みをヨコモノと呼んで区別しています。


拡大して見る

■ ニット地の紹介! ■
ニット地は伸縮性、弾力性に優れ着やすくシワになりにくく、肌触りが良いのがニットの特徴です。

天竺(平編み)
プレーンニットと呼ばれ編み組織の中で一番薄いニット地で、表裏の組織が違います。
適度な伸縮性が有り、Tシャツやアンダーウェアに多く使われてます。


拡大して見る

フライス(リブ編み)
横方向の伸縮が大きく、ゴム編みとも言われスポーツウェアにも使われます。
表裏ともタテ方向に畝があるので、表裏が分かりにくい。
袖口や首周りのパーツにも多く使われています。
また、畝が大きいモノでタンクトップに良く使われるテレコもフライスの仲間です。


拡大して見る

スムース(両面編み)
ふたつのゴム編みを合わ両面が表なので、スムースな外観からスムースと呼ばれています。
このほかに三段両面や四段両面の厚い生地もあります。
伸縮性は天竺とフライスの中間ぐらいで、厚いタイプのモノは伸縮性がさらに落ちます。
また、両面編みの変化組織で織物ライクポンチは、しっかりしているのでボトムやアウターにもおすすめです。


拡大して見る

○ その他
ポロシャツによく使われる鹿ノ子や、穴が開いているパターンメッシュ(針抜き)などあります。
また、ジャカード編みやプリントを施して、いろいろな柄を表現出来ます。


拡大して見る


上記の物はすべて丸編みで、
こんな感じで作られています。


経編み組織
トリコットやラッセルレース、
レーシージャカードなどが有ります。

拡大して見る


今回紹介したニットファブリックは全てカットソーにお使い頂けますので、生地選びの際に参考にしてみてください。

■ 製作の前に!■
 

いよいよ製作と言いたいのですが、私自身がロックミシンを使うのが初めてなので、本を見て使い方を覚えることにしました。
その本は、ブティック社からつい先日発売になったばかりの『はじめてのロックミシン』という本です。
出来たてのほやほやの本をブティック社さんのご厚意で頂きました。
ロックミシンの使い方やニットの縫い方がたくさん紹介されているので参考になりました。
(有難うございます)

また、ロックミシンの中にも取り扱い方法が載っているDVDが入っていたので、そちらも早速見て何となく使い方が分かりました。


■ いよいよ待ちに待った製作!■
 
そこで、今回は簡単に出来るTシャツを作ります。

糸選び!
糸にはニット用スパン糸ウーリー糸などが有りますので、素材や用途に合わせて選びます。
今回はたまたま持っていたウーリーロックミシン糸を使用しました。

☆ ミシンのセッティング! ☆

ロックミシンは糸の本数や縫い針の本数を変えることによって、
かがり巾が変えられます。

4本糸2本針
ミシンによって多少違いますが、3本ロックよりかがり巾が広く厚地の物やレース調のニット地に適しています。

拡大して見る

3本糸1本針
かがり巾が狭く縫い代が邪魔にならず、一般的に多く使われています。
そして、基本的なニットならほとんど縫え、巻ロックにも出来ます。


拡大して見る

今回は4本糸2本針で製作しました。

そして、普通のミシンと違う所は空縫いして空環を作ってから縫うことですね?


型紙作り!

以前作った9号サイズの原型を元に型紙を作りました。
生地は失敗しても良いように、ハギレ(残り布)の中から選び、そしていつものように出来上がった型紙を元に各パーツを裁断しました。


拡大して見る

続いて縫製!

肩を縫う。
 (4本糸2本針のロックで縫う)
袖を付ける。
 (4本糸2本針のロックで縫う)
袖口下から脇裾まで縫う
 (4本糸2本針のロックで縫う)
袖口の始末をする。
 (三つ折りにしてたたく)
裾の始末をする。
 (三つ折りにしてたたく)
衿ぐりの始末をする。
 (4本糸2本針のロックで縫う
  そして最後にステッチ)


拡大して見る

 

遂に完成!

社内でモデル探し
サイズが合いそうな人を見つけ、ぴったりだったらあげると言って着て貰いました。
どうですか、はじめてにしてはまずまずの出来だったのではないでしょうか?

拡大して見る

■ ちょっと一言!■

はじめてロックミシンを使っての感想ですが、すごいの一言です。
縫製だけなら一時間ぐらいで出来、切れ味最高のメスは気持ちいいです。
これだったら裁断がいい加減でも縫いながらカットしてくれるので、『大きめに裁断すれば良いのでは』と思ったのは私だけでしょうか???
これからしばらくはロックミシンにはまりそうです。
ロックミシンがあれば簡単にカットソーが出来ますので、皆さんもぜひチャレンジしてください。

今回はこれでお終いです。

それでは、次回もお楽しみに...



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.