素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
服作り工房
▲TOP

第39回: 〜 この夏、“旬なマキシ丈ワンピース”! 〜

日本列島夏真っ盛り、今年の夏はとにかく暑いですが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、今回の服作り工房では、この夏おすすめのアイテムをご紹介いたします。

それは「マキシ丈ワンピース」です。

一昨年のミニの反動から、ジワジワ人気が出てきてこの夏のトレンドに、そこで今回の服作り工房ではこの夏、“旬なマキシ丈ワンピース”を作ることにしました。


まずは生地選びから・・・
▽▼▽


■ まずは生地選びから・・・■
 
実はマキシ丈ワンピースを作ろうとした時から使いたい生地がありました。

それは洋裁雑誌「FEMALE」とのコラボレーション企画から生まれた「クロスランド &フィーメイル セレクション」の商品です。
FEMALEの誌面では「クロスランド &フィーメイル セレクション」の生地で作った「マキシ丈ワンピース」が載っていました。


また他にも夏向きのリゾート感覚の生地が多かったので、アイテムが決まった時「クロスランド &フィーメイル セレクション」の生地を使おうと決めました。

そして、今回モデル兼制作スタッフが選んだ生地はこちらです。


拡大して見る
レーヨン100%のとても肌触りの良い生地です。
今年の流行の小花プリントで、透けにくく裏地不要で作れそうです。

■ 下準備 ■

生地が決まったので、早速製作に取り掛かります。

まず、型紙ですが クロスランド &フィーメイル セレクションの生地で作ったマキシ丈ワンピースの型紙ではなく、フィーメイルのバックナンバーでパーツが4つだけの製図を発見しました。

「身頃上、前スカート、後ろスカート、衿ぐりの見返し」とパーツが少ないので早くて簡単に出来ます。

その秘密は前身頃と後ろ身頃の型紙を肩線で合体させます。
前から後ろへ、ひと続きの布で身頃をとることが出来るので、型紙は一枚で身頃を作れます。


拡大して見る

身頃はバイアスで取ります。
スカートのギャザー分量を考えます。
サイドにギャザーが入るとどうしても横幅が広がり太く見えます。
そのため、中心のギャザー分量を多くしてサイドに行くに連れ少なくしていきます。
今回は脇線を挟んで前後共に5〜7センチはギャザーを無しました。

裁断と印入れは身頃、前スカート、後ろスカートの3パーツです。
身頃の地の目はバイアスを利用するので、配置に注意します。
残りの共生地で身頃衿ぐりに使うバイアステープを作ります。

■今回用意したものは・・・

○(品番:35823-02)表地110cm幅×230cm
○(品番:S552-07)
コピクイーン『方眼製図紙』
○ 方眼定規(品番:S550-01)
○ 糸(品番:Y559-キナリ)

■ いよいよ縫製!■

身頃の衿ぐりにバイアステープを縫い合わせます。
身頃とバイアステープを中表に合わせ、衿ぐりの出来上がり線を縫います。
衿ぐりに付けたバイアステープをミシン目で身頃の内側に折り返しました。
表側から0.5センチ幅位のステッチで内側に折り返したバイアステープを押さえます。

拡大して見る

左右の袖口の縫い代を三つ折りにして0.5〜0.7センチ幅位のステッチで上げます。
袖口がややカーブしているので縫い代をアイロンで上手く伸縮させながら三つ折りをします。
この作業をしないと、縫った際に縫い代と表のつり合いが上手く行かず、縫いつれが起きます。

拡大して見る

前スカートと後ろスカートを脇線で縫い合わせます。
縫い合わせたら縫い代を片倒しにし、2枚重ねてロックミシンをかけます。

拡大して見る

次に、スカートのギャザーを寄せます。
出来上がりのサイズに合わせてギャザーを寄せ、アイロンでギャザー部分を押さえます。

拡大して見る

身頃とスカートを胸下の切り替え線で縫い合わせます。
拡大して見る

身頃とスカートの胸下縫い代をアイロンで押さえて、2枚一緒にロックミシンをかけます。
胸下の縫い代はスカート側へしっかりと折り返します。
この時、前中心の開きから縫い代が覗かないように、しっかりとアイロンで下に押さえます。

拡大して見る

仕上げは裾の縫い代を三つ折りにして丈上げをします。
1〜1.3センチ幅のステッチをかけ完成です。

拡大して見る

■ 試 着!■

早速出来上がったばかりのマキシ丈ワンピースを試着してもらいました。


今回は、モデル自ら生地選びをしたので、かなり気にいったようです。
早速持ち帰り今度の花火大会に着ていきたいと、言っていました。


拡大して見る

最後に、ちょっと一言!

皆さん今回のマキシ丈ワンピースはいかがでしたか?
リゾートに良し、またインナーにTシャツをあわせるなど着こなしも豊富!
ヘビーローテーション間違いなしのスーパーアイテムです。

また、マキシ丈ワンピースは素材にもよりますが、きれいな落ち感がでやすく、すっきりした印象を与えてくれるのも人気の秘密ではないでしょうか?
今回作ったマキシ丈ワンピースは製作もとっても簡単ですので、皆さんぜひチャレンジしてみて下さい。

もし、お作りになった作品の画像を添付して頂ければ、手作り作品のご紹介コーナーでご案内します。

最後になりましたが、今回の生地にご興味の方はこちらのクロスランド &フィーメイル セレクションをご覧下さい。

それでは、今回はこれでお終いです。

次回もお楽しみに...



Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.