素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
服作り工房
▲TOP

第40回: 〜 色彩のハーモニー 〜

秋もいよいよ本格的になってまいりましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、服作り工房では、またまたプレミアム商品を使うことにしました。
今回はヨーロッパの生地のみを集めたインポートテキスタイルです。


拡大して見る

まずは生地選びから・・・
▽▼▽


■ 今回の生地!■
 
せっかくヨーロッパの生地を使うので、ヨーロッパならではの“色彩のハーモニー”を感じて頂けるような生地を選ぶことにしました。
そこで、選んだのはクロスランドで何度もご紹介しているツルニエ社の生地です。
ツルニエ社はシャネルツイードの生地メーカーとして定評があり、特にファンシーツイードは魅力的です。

そこで、今回選んだのはフリンジのような毛足の長いファンシーヤーンが特徴的な、これぞツルニエといった感じの生地です。


拡大して見る

今回ご紹介するインポートテキスタイルに興味のある方は、こちらのインポートテキスタイルをご覧下さい。

そうそう今回はモデルさんのたっての希望で、キュロットを作ることにしました。
作るアイテムも決まったのでいよいよ製作に取り掛かります。


■ 下準備! ■

☆ 型紙作り ☆

パーツは全部で8枚です。


前スカート、後ろスカート、ポケット布、袋布、前後ウエスト見返し、前裏スカート、後ろ裏スカートです。

チェック柄の生地をご使用するので、中心、脇、裾等の目立つ箇所は柄合わせをします。

ファスナー付け位置とウエスト見返しのみに接着します。


拡大して見る

今回用意したものは・・・
○ 表地(品番:76800-02)150cm幅×100cm
○ 裏地(品番:Z551-205)92cm幅×60cm
○ コピクイーン(品番:S552-07)『方眼製図紙』
○ 方眼定規(品番:S550-01)
○ 糸(品番:Y559-18)


■ 縫 製!■

☆ ポケット ☆

前後のウエストダーツを縫います。
ポケット布と袋布を縫い合わせます。
ポケット布は表地を使用し、袋布は裏地を使用します。


拡大して見る

前スカートポケット口にポケット布を縫い合わせます。
ポケット口は0.3mm〜0.5mm巾のステッチを入れます。
ポケット布がズレないように前スカートへしつけで止めます。

拡大して見る

☆ 各パーツを縫い合わせます ☆

前後スカートの脇線、股下線の縫い代をロックミシンで始末します。
左右の前後をそれぞれ縫い合わせます。
脇線、股下線の縫い代を割ります。
左脇はおさまり止まりから下を縫います。
左右がそれぞれ筒状になったら、どちらかを表に返しもう一方の中へ入れ、股ぐりを合わせて縫い合わせます。
2枚一緒に縫い代をロックミシンで始末します。
ウエスト見返しの右側のみ前後を縫い合わせます。
見返しの下端はロックミシンで始末します。


拡大して見る

裏地の前後を縫い合わせます。
見返しと裏地を縫い合わせます。

拡大して見る

左脇のあき部分はあきの長さにプラス1cm程度あけておきます。

拡大して見る

☆ ファスナーを付けます ☆

表布の左脇あき部分にコンシールファスナーを付けます。


あきの長さに合わせてファスナー下の止め金具を移動させペンチで押さえます。
表と裏のウエスト部分を縫い合わせます。
縫い代が多い場合は少し整理しアイロンで、きっちり割ったあと、表と見返しのウエスト部分を毛抜き合わせにし、もう一度しっかりアイロンをしました。
ウエストラインに0.3cm〜0.5cmのステッチを入れます。
裏に返しファスナーのきわで見返しと裏布を折り込みまつります。
ファスナーの上0.7cm程度あいている所にスプリングホックを付けます。


拡大して見る

裾は表・裏それぞれ仮止めで裾上げをしモデルさんに試着をしてもらいました。


丈を詰めることになったので表は新たに出来上がり線から縫い代を4〜5cm付けロックミシンで始末し、まつりました。
出来上がりはかなりミニキュロットになりそうです。


拡大して見る

裏は表の出来上がりより1.5cm〜2cm短くなるように三つ折りしてミシンをかけました。


拡大して見る

最後にブランド、織りネームを付けて完成です。


拡大して見る

■ 試 着!■

早速出来上がったばかりのミニキュロットをモデルさんに試着してもらいました。

秋らしいブラウン系の生地で暖かみを感じさせてくれます。

拡大して見る

モデルさんいわく履いた感じは、とっても軽いとのこと。
今回も、モデル自ら生地選びをしたので、かなり気にいったようです。

コーディネイトも楽しんでいました。


拡大して見る

拡大して見る

最後に、ちょっと一言!

皆さんいかがでしたか?
ヨーロッパの生地ならではの、表情豊かな素材感伝わりました。
モデルさんも言っていましたが、実はこの生地とっても軽いのです。
以前はインポートのファンシーツイードってとっても重いモノが多かったのですが、ここ数年軽さがトレンドになっているので日本人にも受け入れやすい軽い生地が多くなってきました。

そうそう先日フランスからツルニエが来日したときに、1月のセール用にファンシーツイードの生地も仕入れましたので楽しみにしていて下さい。

それでは、今回はこれでお終いです。

次回もお楽しみに...


拡大して見る


Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.