素朴であたたかさを感じる布をお届けしている生地屋です「生地のヨシムラ」
服作り工房
▲TOP

第41回: 〜 オリジナル生地 〜

寒さが厳しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
さて、今回の服作り工房では、当社のオリジナル生地にスポットを当ててみました。
そこで、まずは主役となる生地からご案内・・・

▽▼▽


■ 主役の生地!■
 
その生地はボンディング加工を施しています。
ボンディングとは「bond+ing」で「ボンドで接着している」という意味です。
複数の生地や芯地を貼り合わせる接着加工のことです。
ボンディング・ファブリックともいわれ、接着加工を施すことにより機能性を付加することができます。

今回は「ツイード地+ニット地」異素材を貼り合わせました。
もちろん、どちらも表地を使用しているので両面使うことができます。
2つの表地を両面接着芯で貼り合わせてことで、生地自体が厚くなり保温性が増しました。
さらに、ニット地なのにしっかりしたツイードと貼り合わせることで、生地の寸法が安定しとても縫いやすくなりました。

拡大して見る

使用したボンディングの生地はこんな感じで加工され作られます。
ツイード地とニット地の間に両面接着芯を入れ、熱と圧力を加えて接着しています。


今回オリジナル企画の生地ということで、まずは自分の物を作り試してみることにしました。
そこで、思いついたのが簡単にできるベストです。
もちろん両側使えるのでリバーシブルにしました。
そのため、前あわせはボタンではなく、リバーシブル用のオープンファスナーを使うことにしました。
作るアイテムも決まったので、早速製作に取りかかります。

■ 型紙作り! ■

今回のパターンは、自分用ということもありけっこうアバウト!
人のベストを借りゲージ服のように着て、そのベストを参考に寸法をとりました。
実は最初超簡単ベストということで、肩線だけを縫う1枚のパーツで作ることを考えていました。
試しに型紙をあててみたのですが、さすがにいたる所に隙間ができフィット感が悪いので断念しました。
結局はふつうのベストと同じような型紙を作りました。
リバーシブル仕様なので、肩・脇・背中心の縫い代はあらかじめ多めに付けました。

今回用意したものは・・・
○ 表地150cm幅×50cm
○ 糸(品番:Y558-黒)
○ リバーシブル用のオープンファスナー
○ パイピング用テープ

■ 縫 製!■

☆ 各パーツを縫う!☆

まず、はじめに背中心を縫い合わせます。
縫い合わせ方は出来上がり線の手前で縫い代を重ね剥ぎにしミシンをかけます。
次に縫い代同士を抱き合わせて出来上がり線が重なるようにたたみしっかりアイロンを掛け、表側と内側の折り山にそれぞれコバミシンをします。
この時、縫い代端が表に見えないように、縫い代を抱き合わせる際は表側・内側共に注意します。


拡大して見る

拡大して見る


次に、脇と肩を縫います!
こちらも、背中心と同じように抱き合わせて縫います。

拡大して見る


☆ オープンファスナーを付け!☆

前中心の布地を開きます。


拡大して見る

リバーシブル用のオープンファスナーを差し込み縫い合わせます。
前中心の縫い代端と端から0.5〜1センチ奥にもミシンをかけて、前中心生地とファスナー布を押さえます。


拡大して見る

拡大して見る


☆ 縫い代の始末!☆

縫い代はパイピングテープでパイピングします。
襟ぐり・アームホール・裾はすべてパイピングしました。


拡大して見る


☆ 完成!☆

今回のベストは比較的簡単にできました。


拡大して見る

拡大して見る


■ 試 着! ■

早速出来上がったばかりのベストを試着。 最初はツイードを表にして着ました。


次に、裏返しチェックのニット地側をジャケットインでコーディネイト。

拡大して見る

拡大して見る

皆さんいかがでしたか?
私個人としては、まずまず着れるベストが出来たので良かったです。

最後に、ちょっと一言!

今回ご案内したオリジナルのボンディングの生地は新春大売り出しのおすすめ商品でした。
おすすめ品なので本当であればセール前にはアップしようと思っていたのですが、準備の方が忙しくてご紹介するのが遅くなってちょっと残念でした。
その他にも新春大売り出しでは皆さんにご満足頂ける商品をということで当店企画の商品をご用意していました。
サンプル商品でもおなじみの人気のエンブロイダリーレースです。

拡大して見る

先日の新春大売り出しのために新しく作りました。
エンブロイダリーレースはこんな感じで作られています。

拡大して見る

最後になりましたが、新春大売り出しにはたくさんの方にお越し頂き、この場を借りて御礼申し上げます。

今後も皆さんのご期待に応えられるようにオリジナル商品も多数企画していきますので、楽しみにしていて下さい。

それでは、今回はこれでお終いです。
次回もお楽しみに...


Copyright 2004〜Yoshimura Co.,Ltd. All Right Reserved.